野菜畑で会うならば

yasaibatake de aunaraba

野菜畑で会うならば
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
マガジン・マガジン(ジュネット~JUNET~)
シリーズ
ジュネノベルズ(小説・マガジン・マガジン)
発売日
価格
¥819(税抜)  ¥885(税込)
ISBN
9784914967680

あらすじ

みんなの顔が野菜に見える!?「中島梓の小説道場」に投稿されて、大きな反響を呼んだジュネならではの名作が、ついにノベルズで登場!対人関係が苦手な人、ぜひ読んでみて下さい。続編の「雪だるまの休日」(ふくやまけいこ画)おじいちゃんがホモに目覚める!「歩く人」(山田ユギ画)そして、未発表の「UFO銀座で逢いましょう」も収録。書店で見かけたらひっくり返して、カバー裏のイラストも見て下さいね。帯は、中島梓道場主の推薦文です。

表題作野菜畑で会うならば

その他の収録作品

  • 雪だるまの休日
  • 歩く花
  • UFO銀座で逢いましょう

評価・レビューする

レビュー投稿数1

「JUNE」って一体なんでしょう?

私がこういった作品を読み始めたときは、既に「ボーイズラブ」という言葉が成立していたので、その前身として「JUNE」という雑誌が築いたジャンルがあったことは知識として以上はわかりません。
だいたいこんなかんじだろう、というイメージをぶち壊したのがこの作品です。こんなすごい作品も載せてたの?じゃあ「JUNE」って一体なんなの?という疑問符で頭がいっぱいです。

主人公の立野宇宙は、小学2年生の時の学芸会の劇をきっかけに、周囲の人の顔が野菜に見えるようになってしまいます。野菜には顔がなく、表情がないため、主人公は誰の顔色をうかがうこともなく、自由に過ごすことができます。
その一方で、野菜の顔を「怖い」「気持ち悪い」と思い、誰とも心を通わせることができず、非常に孤独な生活を強いられています。心配してくれるクラスメイトの千葉くんにすら、冷たい態度を取り続けます。
そんなある日、クラスに転校生がやってきます。それは小学校のとき同じクラスだった阿坂くん。学芸会の劇にともに出演していた彼だけは、野菜ではなく人間の顔に見えます。それをきっかけに、あきらめ半分で安定していた彼の自意識はぐらぐらと続き揺らいでいきます。周囲の人にも自分が野菜に見えているのかもしれない・・・そう考えはじめた結果、主人公は自分自身の顔すらなくしてしまいます。
そして、千葉くんと心を通わせることで自分の顔を取り戻すも、それが最終的な救いになることなく、出口のない哀しい結末を迎えます。

このラストが果たして本当に哀しいものなのかすら、私には判断がつきません。ただ、対人関係に自信が持てない不安定な自意識を、かなりシビアな目線で抉っているように思いました。
主人公の阿坂くんへの憧れのような気持ちや、千葉くんとほんの一時、心を通わせる以外は、ポジティブな他者との関係性はほとんどなく、良くも悪くもちるちるに掲載されている他作品とは全く色の異なるお話となっています。ボーイかもしれないけどラブは皆無だよ!みたいな。あーもう本当に「JUNE」ってなんだったんですか?!わかりません!

今はそつのないBLを書かれている佐々木禎子さんが、こんな感性剥き出しの尖った作品を書いていた時代があるなんて、ちょっと信じられません。是非読んでください!と勧めたい本ではありませんが、このもやもやした気持ちをどなたかと分かち合いたい、と思ってしまいます。

2
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ