暗闇の封印 邂逅の章

暗闇の封印 邂逅の章
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
18
評価数
4件
平均
4.5 / 5
神率
75%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥466(税抜)  ¥503(税込)
ISBN
9784044342067

あらすじ

神がミカエルとルシファーの仲を引き裂いた。下界へと流されたルシファー。しかも・暗闇・の封印を枷られ、すべての記憶を閉ざされたままに…。下界では、新たな運命が待ちうけていた。

表題作暗闇の封印 邂逅の章

大天使ミカエル
下界に流された堕天使ルシファー

評価・レビューする

レビュー投稿数1

「影の館」続編

神の嫉妬の雷で「影の館」が崩壊。
ルシファーの魂は下界(人間界)へ流されました。
そんなルシファーを諦めることが出来ないミカエルは、
ルシファーの魂を探します。

長い年月をかけて人間として転生したルシファーを見つけ出したミカエルでしたが。
ルシファーの魂には「暗闇(サタン)の封印」がかけられ、
ミカエルが近づくとルシファーの魂は壊れてしまうのです。

ミカエルが抱くルシファーへの狂気に近い恋慕よりも、
魂に強固な封印をかけてしまえた神のルシファーへの執着の方が恐ろしく、
どす黒く感じるのは私だけでしょうか?

やっと見つけた最愛のルシファーに近づくことも出来ないミカエル。
ルシファーを再度手に入れる方法は、彼が自ら目覚めて封印を説くこと。
彼の目覚めを促すため、ミカエルがあの手、この手と作を練ります。

「影の館」では力でルシファーを制し、我が物にしてしまった横暴俺様攻が。
受に手を出すことさえ叶わず、じりじり焦れる様に萌えます。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ