鈴の音がきこえる

suzu no oto ga kikoeru

鈴の音がきこえる
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
19
評価数
7件
平均
2.9 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
バーズコミックス・リンクスコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784344802940

あらすじ

ある日、獣医の霧島は、木の上から落ちてきた青年と遭遇する。なぜか逃げ惑う彼をそっと捕らえると、猫耳とシッポが飛び出して…!? 異様なほどに動物に好かれてしまう獣医と、不思議な猫のハートフル・ラブストーリー。

表題作鈴の音がきこえる

猫耳青年(元猫):十三
獣医師:霧島淳

同時収録作品トラブル・リトル・トラベラー

その他の収録作品

  • 猫の恋
  • 灯影
  • こはく日記。
  • それぞれの機微
  • (黒猫+白犬)>人間

評価・レビューする

レビュー投稿数5

猫好きにおすすめ!

化け猫×獣医師の表題作カップルの話と、BLでない短編「トラブル・リトル・トラベラー」があります。

「鈴の音がきこえる」霧島と十三の再会話。
「猫の恋」猫仲間に拒絶されつつも霧島を慕う十三の話。
「灯影」十三の仲間である琥珀への嫉妬を機に恋人同士になる話。
「こはく日記。」琥珀が服部に引き取られるまでの話。
「それぞれの機微」霧島と十三の甘い話。

少年の霧島(受け)が捨て猫の十三(攻め)を拾おうとしたのが出会いですが、十三は死んですぐ化け猫になったわけではなく、死後に成長していくというのが、単なる「猫が人間になった」化け猫ではなく面白いと思いました。

カラーイラスト裏面からカバー下のコミック、「(黒猫+白犬)>人間」まで佐々木先生の猫犬好きがあふれた作品だと思いました。特に猫好きにはお勧めだと思います。

2

やん!可愛い!!

ちょっと、こういう設定、ジンとくるんですけど・・・。
輪廻が入ってるやつ。
でも、悲しいところはサッと流して、全体的にはほのぼの&ちょっとコミカルに仕上がっています。
私の場合、耳物はアタリとハズレがあるんですけど、この作品はアタリでした。
攻めが可愛い!そして適度に男前に攻めてくれるのがよかったです(笑)。
受けは美人だし、脇役の服部さんもお髭が渋くてカッコイイ。
本編とは別に、「こはく日記」も最初のフリの答えが笑いました^-^。
最初は服部さんが琥珀に迫られてるのかと思ったので、ああいうオチとは意表をつかれました。

1

アホの子攻め

アホの子じゃなくて猫の子なんですが、この攻めが可愛い。
萌えました。

1

猫耳萌えっ

猫擬人化×獣医。
獣医の霧島は探し猫をしていると、木の上から青年が!
見ると彼には耳としっぽが生えていました。
探していた猫を助けてくれたこともあって霧島は青年・十三を連れて帰ることに。
そして十三は昔霧島が鈴をあげた捨て猫だと知るのです。

攻めはかっこいいのに猫耳が似合っていましたwでも常に猫耳があるわけじゃないですけどね~人間の前だと耳としっぽがなくなります。
霧島大好きな十三が可愛かったw猫ですがワンコっぽかったですw
エチシーンは少なかったですが、十分エロかったですw
絵が丁寧でした。

犬の擬人化琥珀ちゃんも可愛かったです*
ほのぼのとしたストーリーですがすごく萌えました!

1

猫耳というもの。

佐々木久美子さん初のコミックス。
元・猫だった十三が、自分を救ってくれた霧島淳と再会し、今度こそ一緒に暮らすと言うお話。お話には、霧島淳の爺様が飼っていた犬(女の子)やその主になる人も混ざってきます。
賑やかで暖かく、ほんのりファンタジーでもある一作。
同時収録されている「トラブル・リトル・トラベラー」はBL作品ではない佐々木さんのデビュー作ですが、此方もファンタジーで面白い話となっています。
昔の作品と混合して収録されているので、絵柄に多少違いはありますが、柔らかテイストで見やすさは変わらず良いと思うので、猫耳好きな方、手にとってみてはいかがでしょうか。

本編は出会い・別れ・再会と現在の経過を描かれています。霧島淳はやけに動物に好かれる人物で、その所為か、淳の傍にいる十三に対して周りの猫達が大暴れ。波瀾万丈で皆の気持ちは他と同じ位強いものだけど、淳と十三が互いに素直な気持ちを晒したので、上手くまとまってくれたようです。
爺様が飼っていた犬の女の子も、最初はか弱い様なイメージだったけどなかなか勝ち気な子で、淳をいじめる十三(正確にはいちゃついてるだけ)に対して酷く怒った続きり悲しい気持ちになったりと、可愛い子でした。

私個人としては、猫耳とかにはあまり萌えを感じないのですが、これは純粋に楽しめました。佐々木さんの絵柄も大好きなので。
2005年・2006年とリンクスの雑誌の方で、これの続きや脇役側の漫画も連載されていました。当初からこれ等がまとまったコミックスが出るのを待ち続けています。2009年には出したいと言っていたが…。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ