詩人は一日にして成らず

詩人は一日にして成らず
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
2件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784832282728

あらすじ

敏感なカラダにウブ魂を宿す、売れない詩人のラブちゃんの裏稼業はスカウトマン。でも群がってくるのはラブの魂を汚す男達ばかりで…!?喰われ系詩人ラブちゃんの人生の上がりはどこに?受難アダルトラブ。

表題作詩人は一日にして成らず

色々
愛田連童 詩人

評価・レビューする

レビュー投稿数1

好きなんだけど

高口里純さんの漫画は好きです。ちょっとダークな世界を独特の粋なニュアンスで描くのが上手いと思う。BLにハマる前からちょくちょく読んでました。
ただ、ひとつの作品としてではなく、BLモノとして見ると、評価は下がると思う。
そういう意味での『中立』評価です。

主人公は売れない詩人でAV女優のスカウトマン。所属してる事務所の社長さんに、いろんなシゴトを押し付けられます。
彼には男を引き寄せるフェロモンがあるようで、いつもいつもそのシゴトの先々で、犯されてしまいます。ラブはないです。
絵とか雰囲気とかに騙されますが、これは『男惹き付けフェロモンを身にまとった純情詩人の受難』を描いたコメディだと思いますw

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ