ピアニスト

ピアニスト
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リーフ出版
シリーズ
リーフノベルズ(小説・リーフ出版)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784434029899

あらすじ

「あげます……全部、貴方が望むなら」新進気鋭のピアニスト・一條慎也はここ数日同じ夢──瀬崎嘉信に抱かれる夢を見ていた。修理屋兼画廊のオーナーである瀬崎は、以前ある事件に巻き込まれて記憶を失った慎也を救ってくれた恩人だ。夢の中の瀬崎は溶けるほど慎也を愛してくれる。その時のことは憶えていないが、慎也も瀬崎に憧れ以上の強い想いを抱いていた。しかし瀬崎の眼差しは自分を通して失った記憶の中の“慎也”を見つめ、求めている。揺れる心を抱えたままコンサートを控えた慎也の前に、突然瀬崎の元恋人が現れ──!!

表題作ピアニスト

画廊のオーナー兼絵画修理屋・瀬崎嘉信
新進気鋭のピアニスト・一條慎也

その他の収録作品

  • 恋愛勝負

評価・レビューする

レビュー投稿数2

続編ですが順番逆でも良いかも

慎也(受け)視点の表題作と、瀬崎(攻め)視点のショートの2作品が収録されています。

あとがきを読むまで「スペシャリスト」の続編だと気が付きませんでした。ただ、慎也が記憶をなくす辺りと、記憶喪失で過ごした二週間の間の話が簡略化されていて、もう少し説明が欲しいなと思っていたので、前作があるのなら…と納得できました。

順番は逆になりますが、二人の身の上に何が起こったのか、この作品の合間の謎を知るために前作を読むという風に順番が逆でも面白いのではと前作未読の身では思いました。ただ、どちらにしても2冊セットで読んだ方がより楽しめる気がします。

慎也は失った記憶を取り戻すのか、二人の関係はどうなるのかという恋愛模様にピアニストとしての慎也の仕事状態が絡められていてタイトルにあった内容だと思いました。とはいえ、そんなに専門的な話でもないので、音楽に詳しくない方でもさらっと読めると思います。

0

野獣になつく子犬!

前作「スペシャリスト」の続編ですが、これだけでも独立して読むことができます。

主人公・一條慎也は新進気鋭のピアニスト。
でも、梶先生やヌレエフ先生からは「テクニックはあるけれど美しくて綺麗なだけ」と評価されていました。当然ライバルの八木沢が一歩も二歩も先を行っていたのです。
ところが、瀬崎嘉信を知って愛されるようになってから、慎也の音は激変します。そして新しいホールのこけら落とし演奏会にソリストとして選ばれます。

ところが、突然嘉信のもとに別れた恋人・アレックスが現れます。
動揺する慎也。
以前記憶を失っていたときの自分・美波のほうを愛していて、現在の慎也を愛してはいないと思い込んでしまいます。
みるみる音楽が死んでいく慎也。
そして、慎也にかわってソリストの地位を得ようと、八木沢も怪しげな男たちを雇って慎也を追い詰めていきます…。

最後までどきどきするストーリーでした。

手負いの野獣のような嘉信と、子犬のように純真な慎也のカップリングに萌えます。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ