G・DEFEND(3)

g defend

战栗情人不设防

G・DEFEND(3)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
14
評価数
4件
平均
3.5 / 5
神率
25%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
冬水社
シリーズ
ラキッシュ・コミックス(コミック・冬水社)
発売日
価格
¥524(税抜)  ¥566(税込)
ISBN
9784887410213

あらすじ

石川をかばって爆風にのみこまれた岩瀬。その光景を前に、誰もが岩瀬の死の影を拭い去ることができないでいた。石川もまた、絶望を胸に一人立ちつくす。石川を守り続けると言った岩瀬の誓いは…?人気シリーズの第3巻は、大好評を博した国会警備隊恒例、コミュニケーションゲームの模様も完全収録。

表題作G・DEFEND(3)

岩瀬基寿(補佐役兼SP)
石川悠(8代目教官)

その他の収録作品

  • G・DEFEND 5
  • G・DEFEND 6

評価・レビューする

レビュー投稿数3

鬼ごっごが楽しそう

このシリーズ、ベッドシーンはないものと思って読んでいたのですが…一応あるのですね(激しい描写はないですが)

こういうテーマの作品だと、愛し合っていても怪我をしたり、万一死んでしまったらという不安が常に付きまといそうです。誰かが死ぬことは無いと思いますが、今回の爆破事件みたいなことがこの先何度も起こるんだろうなぁ。

後半は隊内でレクリエーションを兼ねた鬼ごっこなお話ですが、こういう雰囲気のお話が好きで楽しめました。だた、隊長の愛されっぷりが流石に尋常じゃないというか…大丈夫なのかこの隊!ってツッコミを入れたくなります。

Drを庇って脱落する西脇さん。こういう脱落の仕方、格好いいですね。
個人的にはメインの2人よりこちらのカップルのほうが見ていて楽しいです。主役の2人は早々に出来上がっているので、恋愛の紆余曲折を楽しむという感じでなく、最初から最後まで幸せなカップルが見たい…という方向けでしょうか。

0

これは最後まれで・・・

どんどん読むにつれてこれはレビューするのか・・・と
自問自答しそうなよかん
ただ自分の思った感想だけ書いてるだけなんですが・・・

ともかく、もろ絡みのシーンはカットされていて
あれ?もう次のシーンなんだ~と思ってしまう所がしばしば・・・

もろなシーンは見れませんがw
まあ 話の内容で萌えて楽しめます(*´∀`*)

2巻からの続きで、攻め様助かってましたね
これでいっそう2人はお互いが必要だと気付かされた感じです

ちょいちょい受け様や攻め様を気にしてくれる
西脇もぐいっと出番がおおくなったようです (*´ω`*)

0

そうそうエッチが違うんですよ。

私が友人に借りた時は、出版が冬水社ではなく吉祥寺企画だったので
エッチのシーンが今回の冬水社では抜けてるんですよね。
キスして…と思ったら、次のページでもう終わってるし(笑)
(その部分が読みたい人は、古本屋を探しまくって下さい。)

●余談はこれくらいにして、はい2巻の続きから始まりです。
吹き飛ばされた岩瀬は大丈夫でしたね!!
そのおかげで、石川も岩瀬に対しての気持ちが高まり
押し倒されて初エッチです。
意地悪してたマーティーも2人の絆の深さに気づき引いてくれたし。
(本気で岩瀬が好きだったから意地悪もしょうがないよね、可愛いやつなんです。)
研修が終わってロスに帰ってしまうんですが
フフフ、そのうちにまた登場してきますよ。

●そして次のお話は。
警備隊員達と年に1度のコミュニケーションで鬼ごっこ。
昨年の優勝者は石川教官。
ひょんな事から、今回の優勝者はその教官を1日好きにしていいというオマケ付。
日頃から人気者の教官目当てで頑張る、頑張る隊員たち!!
結局は岩瀬が優勝だったんですけどねvv

だけど優勝した岩瀬は石川に何も求めずに、ゆ続きっくりと休ませてあげてたけど…
石川の方から可愛いお誘いでした。

さたさてこの警備隊には沢山の人がいる訳で、
次のカップリングが見えてきたかな~で終わってます。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ