春恋。

春恋。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
2
得点
48
評価数
14件
平均
3.7 / 5
神率
57.1%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
集英社
シリーズ
コバルト文庫(小説・集英社)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784086003469

あらすじ

家庭教師の奴はノーマルなのに、俺を求めてくる。俺だって女のコと寝ることもある。でも。透明な言葉で描かれた、切ない恋心。雑誌「Cobalt」でも話題のボーイズラブ最注目旗手による書き下ろしデビュー文庫!

表題作春恋。

家庭教師・秋山順一
高校生・中谷美里

評価・レビューする

レビュー投稿数2

こども時代の終わり

この切なさは、どうしてくれよう。

家庭教師に恋した高校生君の、切ない切ない恋のお話。

高校生の美里は、家庭教師のアキが好き。
アキは、意地悪しながら気まぐれに美里を抱く。
美里はアキのそんな意地悪に傷つきながらも、それでも好きで、嫌われたくなくて、どんなことも受け入れて、泣きながら、うれしくて、かなしくて、

自分の「好き」で精一杯の美里と、自分の心に気付かないアキ。
二人共がまだこどもで、それでも、ようやく成就したかに思えたところで
、、、。

結局この本では、二人は一生に一度の唯一の相手に出会って、お互いに恋を知ったのだから、それだけで人生に、愛し合ったことに意味はあったのだというところで終わっています。
最終章は、5年たって再会した二人の話です。
二人ともお互いに、今付き合っている恋人がいます。
それでも、美里は今でもやはりアキが好きで、結局、二人結ばれることはなかったけど、アキに出会えたことは幸福だったと思うのでした。

この本、ここまでだと、結ばれない、忘れられない初恋の話。
世界は美里の中に閉じこめられたまま、切なくって、たっぷり泣け続きるけど物足りないのも確かです。
アキも、結局、無神経な酷いヤツのままで報われない。
これは、続きをぜひHPで読んでください。
はっきりいって、そこまで読まないと、商業出版物としてのBL小説としては完結したとはいえません。
ここは、ぜひこの作品も、この後半部部も含めて、挿絵もかえて新装版で再出版して欲しいです。

というわけで、HPの続きの部分も込みで萌×2です。

1

2人の成長物語・・・かな

家庭教師の奴はノーマルなのに、俺を求めてくる。俺だって女のコと寝ることもある。でも。透明な言葉で描かれた、切ない恋心。

まず、アキ(家庭教師)が好きでもないのに、美里(教え子)が自分に好意を持ってることを馬鹿にしながらも手を出す。男なんて抱きたくないっていいながら。(画家志望なんですよね。アキは。頭も良いみたいだけど、性格に難あり。設定は東京芸大の大学生かな)この時点で落ちてるよ、アキは美里に。ノンケなのに男を抱くんだもの。自覚症状なし。美里は意地の悪いアキの言動に傷つき、女の子とも寝てみたり。

いろんな揉め事を起こしながら、アキが美里に好意を持っていることを少しずつ表現しながら物語りは進んで行きます。美里はひどい男だと自覚しながらも好きで。

両思いになったとき突然の親バレ。アキは逃げますね~。家庭教師も辞め、連絡も取らず。美里が大学合格と、スケッチブックを渡しにアキの家に来たときに再会。でも、アキは困難を二人で乗り越えてまでは付き合う気はないような印象でした。美里の好意を「オモタイ」と表現してます。まだ社会人にもなってない大学生。しかも美里は男。未来は無いと考えて続きも不思議じゃないですが。
そして二人は別れます。意図的に。再会の約束もなし。この時点で二人の情熱もこの程度じゃねーか、と私は思ってしまった。美里はアキが大好きでできたらこの先も交際を続けたい感じです。でもアキの態度を微妙に読み取ってる感じ。諦めちゃってますね。

で、五年後二人は偶然(必然?あえる確率高しの場所で)再会するんですが、お互いに恋人がいます。穏やかに再会を喜びます。二人は、これから他の人と別々に人生を歩むけど、根っこの所はつながってる。一生に一度の運命の人。これからも友人として頻繁に会いましょうで終わります。

はあ?????って感じなんですが。あんたたち、お互いに恋愛を成就させる為に積極的に行動なにもしなかったじゃないか。これでは運命の人とか言えません。インパクトはある小説です。読んだ後の後味が悪いのも。わりきれない・・。

3

ai0928

作家さんのHPに続きが掲載されています。
この本を出されてから数年後に書かれたものです。
私は大好きな作品です。
もしお時間がございましたら、是非!

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ