裁かれし者

sabakareshi mono

裁かれし者
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
心交社
シリーズ
Chocolat comics (ショコラコミックス・心交社)
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN

あらすじ

政治家の汚職事件を追う検察庁特捜部の検事、杉浦恭は、供述調書をとるために代議士の藤堂樹と面会する。不遜極まりない態度の藤堂は、かつて同じ児童福祉施設で育った幼なじみであり、情欲を向けられて拒んだ相手だった。久しぶりの再会にもかかわらず、過去とかわらぬ執着を向けられ戸惑う恭。そして、妹を人質にとられて、その身の無事と引きかえに躯を差し出せと迫られた恭は、条件をのむしかなかった……。信念とプライドをかけた男たちの渇愛。

表題作裁かれし者

藤堂樹 代議士
杉浦恭 検事

同時収録作品白き幻影の如く

松田 医師
須崎遥 外科医

評価・レビューする

レビュー投稿数1

シリアスてんこ盛り

シリアスなお話はあまり好きではないのですが、本間アキラさんの作品は好きです。3つのお話が収録されていますが、表題作が一番好きです。

検事の恭が汚職事件の容疑で出会ったのは、代議士の樹です。樹とは、以前同じ施設で育った繋がりがあったけど、恭の母親が引き取りに来て、樹の元から逃げ出した時から疎遠だったのです。

執着のような樹の愛情がゾクゾクして萌えます。そのために利用された恭の妹と秘書の春日が切ないです。
そんな妹の「幸せになってくれなきゃ許さない」の一言が胸に痛かったです。
ドロドロしていて、昼ドラも真っ青な内容にハラハラします。最後はハッピーエンドで本当に良かったです。

秘書の春日のお話では、一人の人間として、検事になって再出発したのにジーンときます。意外と優しかった樹に、春日が慕うのも納得できます。

最後は、秘密を抱えてる外科医のお話です。子供と遥を取り合う松田が可愛いです。これも母親が自殺したり、教授と望まないエッチをしてたりで、ドロドロしてます。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ