霜雪のかなたに

霜雪のかなたに
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
15
評価数
6件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
笠倉出版社
シリーズ
クロスノベルス(小説・笠倉出版社)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784773002690

あらすじ

観光道路敷設のため、山深い里御鬼沢を訪れた土師祥一は、山中でイヌワシ観測をしている諌山雫と出会う。
特上の美貌と高慢な態度、人慣れない動物のような雫に心惹かれる祥一だったが、社から命じられた祥一の任務は、雫のイヌワシ観測ノートを盗むこと…。
敵対する状況と、惹かれあう心。
のどかな村でゆっくりと始まる、不器用な大人のほんわかラブストーリー。

表題作霜雪のかなたに

土師祥一 24歳 安西土建社員
諌山雫 32歳

評価・レビューする

レビュー投稿数3

ほんわかだけじゃないけども

「答えて姐さん」でオススメ頂いて読みました。面白かったです。古い作品ですし、こういう機会がなかったら手に取ることもなかったと思うので、教えていただいたことに感謝!梶原にきさんのイラストがとても雰囲気に合っています。

淡々とした文体に加え、重要なキーワードとなるイヌワシや厳しい自然環境に関する描写が多いことも、二人だけの世界で展開するハッピーでいちゃラブなBL小説とは一線を画していて(それも好きですが)、読み終えた時、小説を読んだ!という達成感がありました。

紹介文に「不器用な大人のほんわかラブストーリー」とありますが、雫の過去はかなり壮絶で私はちょっとホラーだと思ったので、ほんわかだけじゃないぞと反論したいです笑 それなのに、全体的には確かに「ほんわかラブストーリー」な気がする不思議…。辛い過去がありながらも、時間をかけて色んな感情を乗り越えた雫と、彼を大切にしたいという想いをちゃんと言葉にできる祥一の、バランスの良さでしょうか。

お兄さんとか、観察ノートとか、会社のこととか、語り尽くされていない伏線が色々ある気がするので、続編があってもいいなぁと思いました。

0

傍観的な文体が新鮮

さすがに新品は見当たらないので、古書で取り寄せました。
海外翻訳物のような、クールな文体が新鮮でした。
情感的なものも好きですが、淡々としている心理描写は結構良いかも。
攻め・祥一の飄々としたキャラと特有の話し方は、受け・雫の重い口と心を自然と開かせるのです。
フィールドノートがその後どうなったのかだけが気になりますが、まあこんなことを言うのは無粋というものです。

一味違う厳しい環境を生きる、しかしほっこりとしたBLは珍しく思いますので、本作もリニューアルして刊行しても良いかもしれません。
クールな文体も読みやすいです。

0

妙な話だった

たけうちさんは、どこをどう楽しんでいいのか、よくわからない話がある。これも、そういう一冊。いつおもしろくなるのかな、と思っているうちに終わってしまう。残念。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ