一目惚れするDNA

一目惚れするDNA
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
8
評価数
4件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
雄飛
シリーズ
アイノベルズ(小説・雄飛)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784946569258

あらすじ

ウサギちゃんのようにプリティーな函南覚は、おちこぼれ営業マン。
同僚は「癒し系」となぐさめてくれるけど、実はリストラ寸前で超ピンチ。
ある深夜、ひとりぼっちで仕事をしていた覚に危機が訪れた。
なんと12種類のバイトをこなす男前警備員・鬼沢聖人に、
泥棒と間違えられて押し倒されてしまったのだ!!
それを怒ろうと思ったものの、きびきびとした聖人の仕事ぶりは、
見惚れてしまうほど凛々しくて…
その後なぜか聖人の事を考えてしまう覚だけど―!?

表題作一目惚れするDNA

鬼沢聖人(警備員他多数)
函南覚(おちこぼれ営業マン)

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

天然ドケチ攻×天然ぽやぽや受

個人的にはこの話好きなんですが、うーん作品的にはやっぱ中立かなー。
覚[受]はドジだけど癒し系のぽやぽやした薬品会社の営業マン、失敗多いし要領悪くて使いっ走りばっかされてるけど課では仕事は出来ないけど癒し系としてそれなりに愛されてます。
その会社の警備員が聖人[攻]、彼は警備員以外にも12種類のバイトを掛け持ちして起きている時間のほとんどを働くという働きモノであり倹約家でドケチ。
尤も借金があるとかそういう訳ではなく彼を育てた祖母のドケチ教育の賜。
そして彼も少々常識離れしてて天然です。
天然攻と天然受同士ですがお互いに一目惚れ状態、そこに覚の上司と聖人の祖母が絡んできて話は進みます。
全体的に話はライトで、女子社員達も上司と覚がラブ関係疑惑が出ても特に騒ぐ事なくむしろ祝福ムードとそんな感じのリーマン物なので軽い感じで読めます。
ウサギにも似ているという癒し系で抜けてる覚は可愛いし、聖人もなかなかいい味出してるんですが、どうもそのライトコメディが空周りしてるのでそこはにんともかんとも。
最後のオチもイマイチすっきりしませんでした。
柴犬のくだりも生き物を出しに使うのは続きちょっとなあ。
存在感の多い祖母さんにもノリきれなかったってのもあります。
好きなんだけど作品としてはなーーって訳で中立。

挿絵の陸裕さんの絵柄は良い感じに甘くて、丸みを帯びた柔らかな線で描かれる人物は好み。特に覚がひじょーにかわゆかったです。

0

アホの子!

おばかちんでアホの子受けが好きなせいか、なんだか好きな話です。
でも人には勧められない(苦笑)
天然ボケ、アホの子、そんな子を微笑ましく見てしまう攻めが許せる人だったら、楽しめるかもしれません。わたしは楽しかった。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ