ランチタイム・シンデレラ

lunch time cinderella

ランチタイム・シンデレラ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
5
評価数
3件
平均
2.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアノベルズ(小説・オークラ出版)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784775502372

あらすじ

高校の同級生・恭祐と、仕事先で偶然会った至。強引に誘われ、まずは毎日のランチタイムを一緒に過ごすことになってしまって…。

表題作ランチタイム・シンデレラ

長谷川恭祐(26歳/SE)
中澤至(26歳/インテリアコーディネーター)

その他の収録作品

  • バイシクル・ランデブー
  • ラブ・ツーリング
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

8年越しの想い

インテリアコーディネーターの至は仕事先で偶然高校の同級生だった恭祐と再会する。
当時憧れていた恭祐からランチに誘われ、どきどきしながらもついて行った先で恭祐が切り出したのは高校時代の恥ずかしい思い出。
「なぁ、俺ら、高校3年生のとき、公園でキスしたよな?」
必死に否定しようとする至に、恭祐は食い下がってく。
その後いつのまにか毎日一緒にランチに行くのが習慣になってしまった二人だが……

高校時代のキスのエピソードがちょっと中途半端な印象でした。
いくら片方(ないしは両方)に恋心があったとしてもそんなうっかりでキスはしないだろうと。
それを8年越しの再会であっさり口にしてしまう恭祐をロマンがないと攻めるべきなのか、単純にキャラの問題だと割り切るか個人的に微妙なところ(笑)

それにしても主人公の至は8年ぶりの再会の割に最初から恭祐が好きすぎる気がする。
その間にもきっと彼の人生色々あっただろうし、諦められなかったにしてもそこらへん8年分の重みが欲しいかも。

1

意識したまま別れた再会モノ

いわゆる「再会モノ」。意識したまま別れた再会モノというのも悪くない。

高校時代は憧れのほうが強く、はっきりとしていなかったが、恭祐にキスをされ、避けられて傷つき、恭祐のことが好きなんだと気づく至。
よくある攻が大人っぽくて、カッコイイ良くて、クラスの中心的存在で、友人が多いタイプ。それに対し、受は自分は平凡だと思っていて、攻に憧れていて、自分なんてと思っているタイプ。だけど実際の攻は臆病で大人じゃなく、むしろガキだし、受だって平凡と思っているのは自分だけで、周囲に攻曰く「とりまき」が居るようなタイプだ。
強引なところがあるかと思えば、情けない一面もある恭祐に対して、至は一貫して芯の強い性格をしている。

恭祐に対して完璧なかっこよさを想像して読むと裏切られる。大人っぽさやエリートっぽい感じが好きな人には「裏切り」だろう。
が、こういうカッコイイ人や大人っぽい人が情けなかったり、ガキっぽかったりする裏切りは好きだ。
好きな人のために必死になって何も見えなくなる盲目的なカップルは周囲に迷惑をかけなければいい。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ