帰れないんだよ

帰れないんだよ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
10
評価数
3件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784832282803

あらすじ

「身体を売るついでに絵をうっている」とうわさされるダーティーな営業マン・蒲池に近づくセレブな青年の正体は!?したたかな大人の顔に隠された男たちの純愛がせつなく響く待望のラブッストーリー集。

表題作帰れないんだよ

セレブな青年
営業マン

その他の収録作品

  • 夜へ急ぐ人
  • 雨が空を捨てる日は
  • タンジェリン
  • 青年は塀なのか
  • それからどしたの

評価・レビューする

レビュー投稿数3

最近、すっかりハマっております。

あー、これ、10年前の話なんですね。
特に古さを感じさせないので、素晴らしいですね。
短編集でしたが、表題作とリンクした話が数本と関係ない話が2本。
何でか表題作が一番スピンオフっぽくて、他が社長メインになってます(笑)
こういうイカサマビジネス話も嫌いじゃないですが、矢張り893が絡むのでちょっと勘弁。
心底駄目なんです。

後書きを見ると、作者さんから駄目だしされてましたが、私は「タンジェリン」好きだけどなあ。
アキさんの家庭が崩壊したのは、アキさんがゲイだってバレたから??
お父さんが本当にまるで駄目な大人でしたけれど、それだけじゃなくて何かもう少し魅力を感じられたらもっと面白かった、いや好みな話だった気がします。
分かりやすく、アキさん好きです(笑)

矢張り、作者さんお話上手いですなあ。
最近、すっかりハマっております。

0

良短編集

甘いだけじゃなく、どこかに毒をひそませた短編がいくつか。
非常に面白かったです。

『帰れないんだよ』
食えない性格の受け、好きだなー。
詐欺まがいなことをやってる受けですが、なんか憎めない。入院してる親友うんぬんの設定がなくても憎めなかっただろうなと思う。

『夜へ急ぐ人』
『雨が空を捨てる日は』
こちらのお話も面白かったです。
一つ目の話ではギリギリの精神状態のなかで結ばれた二人ですが、二つ目の話ではバカップルに。微笑ましくてニヤニヤしてしまいました。

『タンジェリン』
優しい読後感でした。
父親に恋してる男に恋してしまった高校生くんの話です。
エチシーンに萌えました。誘い受け、やっぱり好きだ。

『青年は塀のなか』
さわやか~な寮モノでした。
花火をバックに屋上でっていうの、シチュ萌えしました。

『それからどしたの』
短編と短編を繋ぐオマケ漫画ですね。
好きな作品ってこういうオマケの漫画がむちゃくちゃ楽しいんですよね。

0

ついでっていうのも難なんですが

絵画を売るついでに、身体も売っているとうわさの営業マン・蒲池くん。
今日もたんまりぼろもうけ。
そんなとき、店にやってきたのはあからさまにセレブな若めの男。
彼の氏名はなんと蒲池くん。
まさか・・・でも・・・・なんて思ってる間にイップク盛られ・・・・!?

なんだかんだでハッピーエンドなんだかそうじゃないんだか(笑
一途な年下攻が~な展開では面白かったかなと。
安心して読める一冊です。
あ、イップク盛られて、イケイケの男前が犯されるのとかキライじゃないです。
最終的にハッピーエンドになればよいのです。
シリーズ化するよていはなかった~とあとがきにあるように、この後からの短編は、キャラクターこそリンクしているものの、それぞれが独立したお話になっております。
どちらかといえば、キャラクターの過去にさかのぼって描かれた作品~というイメージかな。
個人的にすきなのは、塀の中~ですかね。
若い少年達が初々しくていい。
焼きそばの代償ってのが味噌vv

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ