背徳と愛のはざまで

背徳と愛のはざまで
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
プラチナ文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784829622254

あらすじ

得体の知れない男たちに追われる大学生の智紀を助けたのは、貴族的な容貌だが鋭い目をした男・サーシャだった。しかし彼の本当の狙いは、莫大な遺産の在処を示すという智紀の母の形見で―!?身を隠したホテルで「悦んで男を欲しがる身体に、作り変えてやる」と、まるで憎むかのように智紀の身体を玩ぶサーシャ。深すぎる淫楽に泣きながらも、智紀はサーシャが時折り見せる暗く傷ついた瞳に囚われてしまい…?悦楽に満ちたドラマティック・ロマンス。

表題作背徳と愛のはざまで

サーシャ 智紀の本を狙う謎のロシア人
智紀 大学生、ロシア人と日本人のハーフ

評価・レビューする

レビュー投稿数1

エロエロ逃避行物語

主人公は大学生(受け)。ロシアと日本のハーフです。
ある日、部屋に忍びこんできた男(攻め)に「本のありか」を尋ねられ、知らないというと、そのまま犯される。
心はイヤなのに、無理やり犯されて快楽に負け、また、攻めがときどき見せる寂しそうな表情に心が揺れて──。

ロシア革命前後の王室の悲惨な歴史を組み込んだ、壮大な枠組みのお話でした。
けど、基本はエロエロ。
ストーリーの枠組みじたいは壮大なのに、話の中身が枠組みに負けてるような気がしてしまいました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ