TWILIGHT SHADOW

twilight shadpw

TWILIGHT SHADOW
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リーフ出版
シリーズ
リーフノベルズ(小説・リーフ出版)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784434032653

あらすじ

何があろうと、おまえは俺のものだユリを取り戻すため、自身の危険を顧みず異父兄・芙緋人の屋敷へ忍び込んだ貴臣。だが、目に飛び込んできたのは信じていたユリの裏切り……。動揺した貴臣は、逆に芙緋人に捕らえられてしまう。そんなとき、芙緋人のところに、母・東院華火から「貴臣を連れてこい」との連絡が入った!! 謎に包まれていた、あの華火と貴臣がついに初対面! そして、芙緋人との関係もいよいよ決着が……!! 果たして、2人は無事日本に帰ることができるのか――!?『TWILIGHT』シリーズ怒濤のクライマックス!

表題作TWILIGHT SHADOW

正木由里/「横浜・北辰会」五代目組長 
東堂貴臣/由里の恋人 「夜叉」の一面を持つ

その他の収録作品

  • 虜愁-ryoshu-
  • 紅恋-guren-

評価・レビューする

レビュー投稿数1

この結末は厳しいな…

正木由里(「横浜・北辰会」五代目組長)×東堂貴臣(由里の恋人 「夜叉」の一面を持つ)

※この作品は由里×貴臣第1部「ERシリーズ」、第2部「CRIMSONシリーズ」に続く、第3部「TWILIGHTシリーズ」3作目になります。

芙緋人に捕われた由里(ユリ)を救出に来た貴臣が目撃したのは、芙緋人を押し倒しているユリの姿でした。芙緋人を殺そうとする貴臣ですがユリに邪魔され逆に捕らえられてしまいます。拘束された貴臣を抱こうとするユリの真意が掴めずにいる中、芙緋人と貴臣の母である「朱夜叉」こと東院華火から貴臣をマカオの屋敷へ連れてくるよう指示が下ります。

芙緋人との最終決戦を描いた香港シリーズもこの作品が最終巻となります。前作まではイマイチ盛り上がりに欠ける展開で、読む前から微妙に不安を覚えていたのですが、やっぱりこの1冊では逆転満塁ホームラン!!ということにはなりませんでした。(クリーンヒットでもないし…)

その証拠にこの作品の中で一番萌えたシーンが、貴臣と早乙女(「北辰会」顧問弁護士)がちょっと話をするシーンの中で、九鬼(「北辰会」若頭)に片思いしていた早乙女の想いが続きようやく通じ、晴れてカップルになったということが分かる場面だったんですよね…。今までずっと天敵として登場してきた芙緋人とのシーンでもなく、クライマックスシーンでもなく、ましてやユリと貴臣のシーンでもなくその他キャラの恋愛の近況というのはいかがなものか…

まぁ一番萌えたシーンについては好みの問題というのもありますが、それにしても何か色々と肩透かしで終ってしまった印象で、あれだけ今まであおってきた天敵の芙緋人にしても結局は大人しくなっちゃうし、ラスボス扱いでいきなり登場した(芙緋人と貴臣の母)東院華火に関しても全く脅威を感じなかったし…好み云々がなくてもやっぱり微妙だと思いました。

ただ単に最初から相性が合わないというだけならあきらめられるのですが、第1部のクライマックスではボロボロ泣かされのめり込むように読んだ作品もあり、なんか微妙だな…とは思いつつ読んでいた時も、またあんなのめり込める様な展開になってくれればと期待していただけに、余計に惜しいと感じましたしとても残念でした。

次巻がユリ×貴臣シリーズの最終巻になりますが、二人が日本に帰ってからの話のようなので、おなじみのヤクザキャラたちを目一杯楽しめる様な、ラストに相応しい内容を期待したいと思います。

2
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ