ベイシティ・ブルース

ベイシティ・ブルース
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
4
評価数
2件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
Charade books(小説・二見書房)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784576951485

あらすじ

見事な肉体とセクシーな笑顔、ちょっと淫らなところもあるけれど滅法強い型破り刑事―風巻。少年っぽい甘い美貌がおよそ職業とミスマッチな、通称K町署のお荷物刑事―冬木。二人の個性派刑事が出会い、そして熱い関係へと落ちていった街…横浜。潮の薫りとエキゾチックな喧騒に満ちたこの街で、つぎつぎに起こるミステリアスな難事件を、二人は絶妙な連携プレーで解決していく…。時に哀しく、時に妖しい―素敵で危険な男たちのブルース。

表題作ベイシティ・ブルース

風巻徹 33歳 刑事
冬木章吾 刑事

その他の収録作品

  • (シリーズ中編集)
  • 甘い失速
  • シャドウ・ハンター
  • 暗闇のハーキュリーズ

評価・レビューする

レビュー投稿数2

レトロなヒーローが活躍します

ベイシティ・ブルース、このタイトルからもお分かりのようにかなり前の作品になります。そしてこれがまた、想像以上にぶっ飛んだ内容でした。
攻めは刑事、風巻徹。身長190、体重80キロ、のマッチョなタフガイ。この人は女にも男にもモテモテのドスケベです。
受けは冬木章悟、彼も刑事ですがセレブな家のご出身であり、美人受けです。この冬木がいるから何とかblに入っているような感じがあります。
タフガイ風巻と健気な冬木の物語がこの巻では、「絆」、「甘い失速」、「シャドウハンター」、「暗闇のハーキュリーズ」の4話に渡り繰り広げられますが、どことなくポルノちっくであり、ほぼ毎回冬木が犯されたりして酷いめに遭うのです。
レトロなヒーロー、風巻はあんまり大したことはしてないと思いますが、皆この男に喝采を送るのが腑に落ちませんがそういうことなのです。こやつは冬木に「ようこそ天使さん、君の拳銃は薔薇の香りの弾丸を発射しそうだな」などとこっぱずかしいセリフをのたまってマス。
舞台は横浜ですが、ベトナム帰還兵が現れたり、ターミネーターみたいなヤツが暴れたりと、もはや無国籍地帯の様相を呈していて、とりあえず続き日本のどこかのベイシティである、との理解でいいでしょう。
毎エピソードで大変なことになる冬木。彼は美人受けですがやっぱりちょっと変態で、何気に一番タフだと思います。
今のblにはない雰囲気を機会があれば、堪能してみてくださいませ。

2

耽美からBLへ…

『耽美小説』として世に出た一冊が
軽装版に変わるとボーイズラブに
変わる…これも時代の一幕なのかも
知れません。
ボーイズラブと言うよりはメンズラブに
近いと個人としては思いますが。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ