悪魔の微笑、天使の涙

悪魔の微笑、天使の涙
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
茜新社
シリーズ
オヴィスノベルズ(小説・茜新社)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784871824606

あらすじ

心優しき弁護士・榊春彦は、夜はキチクな裏稼業屋・冬彦というもうひとつの人格を持っている。
貧乏大学生の岡野琢磨は、昼は春彦の事務所で、夜は冬彦の補佐をしてさまざまな事件を解決してきたが、ふたりが同一人物と知って衝撃を受ける。
フェミニストな春彦とワイルドな冬彦、どちらにも惹かれる琢磨は、結局ふたりとも愛するという奇妙なトライアングルラブを選んだ。
そんななか、SMレイプ事件が発生して。

表題作悪魔の微笑、天使の涙

心優しき弁護士・榊冬彦&キチクな裏稼業屋・冬彦
貧乏大学生兼アルバイト・岡野琢磨

評価・レビューする

レビュー投稿数1

シリーズ物の安定感

 シリーズ3作目です。
 3作目にもなると、結構、ワンパターンになりがちで、飽きて来たりしそうなんですが……。

 これはこれで、結構、変化球だったような気がします。

 相変わらず、一番琢磨が酷い目にあっているのは仕方がないのですが、今度は春彦の状態のままで、事件に巻き込まれてしまったのは、ちょっと今までとは、パターンが違う様な感じがしました。

 まぁ、相変わらずの冬彦と、春彦先生なんですが。
 今回は、冬彦が、拗ねてしまったため、殆ど出番なし。
 まぁ、それでもやっぱり、最後の荒事は冬彦がちゃんと持っていったんですが……。

 だから何ってことはなく……。
 シリーズ物としての、安定感はしっかりあるので、前作とか、前々作とか、気に入ってる人には、大きく外すことない、安心のお話かなー……と、思います。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ