しあわせにできる 3

しあわせにできる 3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
4
得点
38
評価数
12件
平均
3.4 / 5
神率
33.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784576040011

あらすじ

日頃疎遠にしている母・静香たっての願いを受け、仕事の合間を縫い義弟・和哉の捜索を続ける本田。
ところが家出の理由を探るうち、料亭での一件以来、超要注意人物となっている映に借りを作ってしまう。
しかし次に本田を待ち受けていたのは、そんな大事なことを忘れ去ってしまうほどの殺人的忙しさ―年末。
脳天気な3課連中に囲まれ、一人眉間の皺を深くする本田だが、あり得ないクリスマスプレゼントに真っ白になり、自分ですら忘れていた幼少期の恥を暴露され、久遠寺に高価なシャンパンを飲まされ押し倒され…。
他人の三倍忙しい本田の年末修羅場編。
降って湧いたお見合い疑惑にまつわる書き下ろしつき、シリーズ第三弾。

表題作しあわせにできる 3

久遠寺皇(日芳プロジェクト課)
本田雪彦(日芳・建材部)

その他の収録作品

  • しあわせにできる5
  • しあわせにできる6
  • しあわせ輪舞
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

本田さんに穏やかな日々はやってくるのか…。

相変わらず振り回されっぱなし、本田さん。

今回は久遠寺はもちろん、課の面子も絶好調だし、そこに身内まで登場、カオスですw w

弟、和哉くん。……若いなぁ。
きっと何十年後かして、思い出して、恥ずかしくも甘酸っぱい思い出として笑い話にできるよ。笑
お水の女に入れあげて、独り相撲してましたって。

それにしても本田さん。
ますます絆されちゃって。
嫌よ嫌よも好きのうちって言葉があるんですけど、知ってます?本田さん。

「日本でクリスマスは…恋人同士のためにあるんだ」
久遠寺……なかなか恥ずかしいセリフを吐くね。
でもかなりキたよ。

しかし3課の面子は愉快な方ばかりですね。笑

1

周りがなあ・・・

本当本田さんの周りってろくな人いませんよね(笑)。

今回は失恋で自棄になって家出した義弟の説得と、クリスマスの話です。谷崎作品の良いところは総ホモじゃないところだと思います。

このあたりからだんだん三課の人たちが苦手になっていく私。特に落合さん。本田さん大好きなのは可愛いなと思いますが、いかんせん思い込みが激しくてたまに人の話を聞かない(というか都合の良いように解釈する?)、その上空気読めないのがちょっと・・・いやかなり苦手です。男女問わずこの手のタイプは読んでてイラつく。

次はお正月編。第一部はイベントごとをいちいち踏まえるのでなんかサ○エさんみたいだ(笑)。

1

はいさて、今回は本田家メインなお話でしたねぇ
そうか、そうかな部分も多々。
なんだかんだでいろいろなドタバタが本田に降りかかっているのは変わらないんでしょうが(ノ∀`*)ンフフ♪
なんにせよ、無事解決してくれるのがこの作品のいいところでありまして
カブw爆笑でした。想像するだけで可愛くてイカン。
弟さんもいいキャラクターで私は好き。

後半はクリスマス
久遠寺の「クリスマスプレゼントだ」のセリフ
と連動する行為と、本田さんの淫らな・・・・はぁはぁw

オマケは、お母さんが会社にやってきた!?
の裏話。面白かったですw

1

年末のサラリーマン、仕事にプライベートに大騒動!

今回も、義弟登場。
忙しい本田を、振り回します。
ホステスの女の子に振られ、家出した義弟を結局、久遠時の手助けで
探し出し、お礼にといって押し倒され、不本意だといいながら、
流されて体は、久遠時のとりこになってしまっている、
でも、認めていない。

さすがに、久遠時は、義弟にまで手をまわして、二人の仲を認めさせる
という、本田さんホントお気の毒。

今回も、イラストで良かったのが、本田が幼稚園の劇で、おおきなカブの
カブの役といって、久遠時が本田の方を、チラッと見るところ
とても気に入りました。

クリスマスの、悲劇も大みそかから新年にかけての、騒動も
次号のお楽しみ。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ