最っ凶ラヴァー

saikkyou lover

爱情三十六计

最っ凶ラヴァー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
マガジン・マガジン(ジュネット~JUNET~)
シリーズ
ジュネットコミックス ピアスシリーズ(コミック・ジュネット)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784896440508

あらすじ

警備会社で個人警護を担当する佐治と涼介。ただの警備とはワケが違う。日々が危険と隣あわせ。そんななか互いにぶつかりあう二人が、ある日パートナーとして組むことになって--!? シリーズ3作+『ホットスポット-恋の成る宿-』のほか全5作品を収録。マガマガならでは!ベッドシーンを大量描き下ろし! アクション&セクシーラブが炸裂!!

表題作最っ凶ラヴァー

ボディガード 佐治 24歳
ボディガード 竹内涼介 20歳

同時収録作品恋の始まり

後輩 須山弘
風紀委員長 長丘公希

同時収録作品ホットスポット-恋の成る宿-

リゾート開発御曹司 弓司宗尚
旅館の若旦那 陽

その他の収録作品

  • 最っ凶ラヴァー 1~3
  • 最っ凶ラヴァー 3.5

評価・レビューする

レビュー投稿数2

男前受けっぷりに萌えた。

男の職場らしく筋肉の張った二人のカラミが楽しめました。
というか神崎さんの作品、全体的に「漢の身体」としてきれいだと思うんです。ショタっぽい顔でも筋張ってたりしますが、年齢的にはありか。
とにかく筋肉キャラは特に何も足さなくても男の色気があるんでムダにガッチガチに描写したりしないのがまたいいと思います。

ストーリーについてですが、やはり「身体を張った仕事」であるということをよく生かせてるなー、とか。
なんだかんだいってよく怪我をしたりするのが実はベッドへなだれ込む序章になってたりして。しかも最初から細かいカマかけてたのは攻め側の佐治なのに結局押し倒してるのは涼介だったり。

そう、自分には涼介はツンデレというより男前に感じます。
グジグジ口先でばっかり言わずにさっさと押し倒せよ!的な意味で。
こういうのは「男前な受け」スキーな自分にはたまんねー。
へたすっとにゃあんとか鳴きそうなゴロニャンな受けが好きな人にはツンにみえるかな?

あと、仕事だと思ったら実は「お手並み拝見」で、しかも休暇&豪華ホテルのオマケつきとか超展開を超展開と思わせないような展開もあったりと続きか・・・やるな。バイオレンスまみれ血まみれの展開にスイート&ハピィをちろっと混ぜると凄く肩の力が抜けます。
書き下ろしはそのリゾートホテルでのエッチ。ここでやっと手加減なしにガッツリやることができました。ここでの受け、涼介の口撃の強さはまさに「一戦」というにふさわしいかと。

0

最っ凶ラヴァーレビュー。

硬派な攻・佐治さんと、意外と誘い受な涼介くん。

私、筋肉ムキムキとかそういうのって苦手だったんですけど神崎先生の描く筋肉とか骨格、鎖骨、指先のゴツゴツ感は結構ツボです。今風に言えば細マッチョ。
体術シーンもカッコ良かったです。

警備会社で働き、個人警護を担当する佐治さんと涼介くんとのお話。
佐治さんの好みドストライクな涼介くん。
好みの顔、好みの体。
体の相性は良いんだろうけど、受は口が悪くてツンデレ。ツンツンツンツンツンツンツンツンデレって位ツンデレ。なかなか噛み合わない2人ですが、なんとか巧くやっておりました。
そして仕事でもパートナーを組む事になってドタバタが起きる…という、警備会社を舞台にしたアクションラブ。

口では結構な事を言うクセに、意外と律儀?硬派?へタレ?で、なかなか手を出さない佐治さん。
口は悪くツンデレなのに、意外と誘い受な涼介くん。
神崎作品らしく、濃い濡れ場と意外な展開と結局ラブラブ、全部が詰まったオイシイ1冊になっています。
シリーズ3作と『ホットスポット-恋の成る宿-』の他全5作品を収録。
描き下ろし…は例によって例の如く続き濡れ場です。なんかもう、砂糖吐きそうな位ヤリまくっています。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ