天使×密造 第1巻

tenshi×mittsuzou

天使×密造 第1巻
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
18
評価数
5件
平均
3.6 / 5
神率
20%
著者
 
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784048537179

あらすじ

相棒と、こんな関係になっちゃったら、明日からどうすればいい---?和久井凛と武市八雲が組む「CROW(クロウ)」はトップ・アイドルデュオ。八雲への想いを隠しつづけてきた凛だったが、八雲の恋人と噂される女優が他の男と婚約した夜、マンションで二人きりになってしまい--?後悔するってわかっているのに拒めない―!和久井凛と武市八雲は、トップアイドルデュオ「CROW」。3歳年下で子供と思っていた八雲は。誰もが認める極上の男に成長。そんな八雲の一番近くにいながら、自分の気持ちを隠しつづけてきた凛。が、八雲と噂のあった女優の婚約のニュースが流れた夜、突然八雲に抱きしめられた凛は、気持ちを抑えられず身を任せてしまい―!?アイドル同士のシークレット・スキャンダル☆いよいよ開幕!!

表題作天使×密造 第1巻

武市八雲,デュオ「Crow」のメンバー,21才
和久井凛,デュオ「Crow」のメンバー,24才

評価・レビューする

レビュー投稿数3

ちょっと少女漫画っぽい?

10日ほど前にこちらにレビューしたつもりが、「天使×密造 EX1」の方にレビューしてしまってました。すみません(今は差し替えたので正しいレビューになってます)。

初読み作家さんです。
絵柄は特に好みではないのですが、カラー絵は瞳の彩色が特徴的ですね。
中の絵もスッキリ綺麗な絵柄で見やすかったです。

主人公はアイドルのデュオの2人なんですが、受け様視点中心に描かれてます。
全体的な雰囲気は少女漫画のような可愛くてピュアな感じでした。
劇的なハプニングとかはないのですが、心情が丁寧に繊細に描かれているのが好印象でした。
男前な年下攻め、芸能界ものやBL初心者の方にもおすすめの作品だと思います。

1

BLです

新装版も出たし、EXとして続編開始になったのでレビューしてみようと思うです。

佐久間さん作品はBLなのかニアホモなのか迷う作品が多いですが、これははっきりきっぱりBLです。
1話目にしてベッドシーン出てます、乳首もあるよ!
まあ個人的には佐久間さんは乳首描かない方が絵的に似合うと思うんですけどね、乳首スキーですが佐久間さんに関してはつるぺた胸がしっくり来ます。

芸能界舞台物でメイン2人はアイドルデュオ。
八雲[攻]は3歳年下で結成当時はちっこかったですが大きく格好良く成長してます。基本あまり崩れないクールな感じ。
凛[受]は佐久間さん作品ではお馴染みのでっかい猫目の破天荒な部分のあるタイプ。
2人はアイドルデュオですが、普段は別々の仕事で八雲は映画中心の俳優活動、凛はバラエティ中心のお笑い系とその活動もタイプも対照的。
八雲は視力が悪いのですが、芸能人のオーラが見えるという不思議能力持ってたり、怖い物知らずな凛は売れっ子バンドのメンバー巳紀に曲を書いて欲しくてガンガン近付いていったりと内容は盛り沢山。
つかみ所の無い凛の暴走っぷりも楽しみの一つ。
年下クール続き系攻の八雲は佐久間さん作品では珍しいのでそこも新鮮で、色々てんこもりのシリーズです。おもろいですよー

2

アイドルBLものです。

今回も完全BLものです!
Hなシーンもややあったり(佐久間作品比)

子供の頃からアイドルデュオとして組んでいる八雲の事が凛は好きなのですが、もちろんそんな事本人言える筈がない。
そう思って出来るだけ距離をおこうとするのですが、逆に八雲の方から近付いてきて。
挙句に八雲と付き合っていた筈の女の子は別の人と婚約してしまい――。

と、ややどたばた系の芸能ものです。
主人公の凛は、佐久間作品の主人公らしく、黒髪さらさら目パッチリの美形ですが、八雲はちょっと今までとは違ったタイプ?
何にしろ、舞台が芸能界なので登場人物全て美形ではあります(笑)
そして、凛と八雲は一応アイドルなのですが、凛の(テレビで見せてる面以外)アイドルらしからぬ言動も楽しめます。
普通のアイドルものとはちょっと違う感じ?

1巻では二人の誤解が解けてくっつくまで、そして仕事方面でバンド「エタニティ」が関わってくるまで、になっています。
「エタニティ」は後々大きく関わってくることになるので要チェックなバンドです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ