FLOWER SHOWER

FLOWER SHOWER
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リーフ出版
シリーズ
リーフノベルズ(小説・リーフ出版)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784434032790

あらすじ

あの夜から、おまえだけを……永遠に愛している──香港で重傷を負って帰国したユリは、静養のため貴臣と小田原の別荘へと向かう。寸暇も惜しんで、傷つき餓えた心と身体を癒し合う2人。だが、平穏な時は長くは続かなかった……。正竜会の跡目争いが再燃し、ユリの命を狙う勢力が動きだしたのだ。東京へ戻る日、まだ完治していないユリを守るため、貴臣はある計画を九鬼に申し出る。愛する者とともに生きるために、より強く美しくなっていく貴臣。固い絆で結ばれた2人のエンドレスラブ――物語は終わっても、愛は永遠に続く――!!

表題作FLOWER SHOWER

正木由里/「横浜・北辰会」五代目組長 大学生
東堂貴臣/由里の恋人兼ボディーガード

その他の収録作品

  • SPECIAL INTRODUCTION
  • END AND BEGINNING
  • FLOWER SHOWER

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ユリ×貴臣シリーズ最終巻です

正木由里(「横浜・北辰会」五代目組長)×東堂貴臣(由里の恋人兼ボディーガード)

香港から無事生きて戻ることができた二人でしたが、重傷を負った由里(ユリ)は貴臣と二人で小田原の別荘で静養することになります。穏やかな日々が過ぎて行くと思われた矢先、屋敷に忍びこもうとする者が現れ、ユリの実家である「正竜会」の跡目争いが再燃してしまいます。

芙緋人との戦いがメインになった第2部~第3部が微妙に盛り上がりに欠け、特にクライマックスになるはずの香港編が私としてはほとんど楽しめず肩透かし状態だったため、日本に帰ってきた二人を心から「お帰り~!!」と迎えたい気持でいっぱいだったのですが、やっぱり日本のヤクザキャラたちが出てくると楽しいですね。

第1部でユリの実家「正竜会」とのいざこざがあったのですが、「正竜会」も芙緋人が邪魔だったのでユリと貴臣がそちらを倒してくれれば…という期待から、今まで(第2部~第3部の時期)は事態を静観していたという設定でしたが、最後の最後でまた跡目争いのゴタゴタがちょっと勃発するというのがこの話のメインになります。

思えばユリの父親(「正竜会」組長)は続きどこへ行ってしまったのか…!?あれだけインパクトがあるキャラだったのにもう一切触れられていませんでした。それに大学に進学したユリという設定も必要だったのかなぁ…。何か色々と「おや!?」と思うことはあるのですが、やっぱり「正竜会」絡みだと面白くなりますね。細かいことは気にせず純粋に楽しめました。今さらですがシリーズ全てを通してこの線で行ってくれれば…とついつい思いたくなります。(まぁ随分最初の方から貴臣の過去の因縁などがちょいちょい出ていたので、芙緋人関係の話ははずせなかったのは分かるのですが)

それから、結局最後までユリと貴臣の主役カップルに萌えることができなかったのが一番痛かったです。ただでさえHシーンが多かった二人なのでそこに萌えを見い出せないと半分は楽しみが減ってしまいますからね。主役以外のカップルは全てお気に入りなのに何故肝心の二人はダメなのか…。

「ER」「CRIMSON」「EWILIGHT」シリーズと読んできて、まぁ不満に思う部分もありましたが、この作品「FLOWER SHOWER」のラストは上手くまとめられていて感慨深い読後感を与えてくれました。…でもやっぱりシリーズ後半の失速が惜しかったなぁというのが正直な感想です。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ