籠の鳥はいつも自由

kago no tori ha itsumo jiyuu

籠の鳥はいつも自由
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
24
評価数
8件
平均
3.3 / 5
神率
25%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784403520839

あらすじ

名前は呼ばない、唇にはキスしない。
それがこの部屋でのルール―。
恋人・陸を亡くしたばかりの美耀の前に現れた、陸にそっくりな直人。
その存在に心を揺らす美耀だが、近づこうとした途端、手ひどい拒絶にあう。
最低なやつには最低な方法で責任をとってもらう。
陸の顔しておれの前に現れた責任を…。
自分の中の陸を嫌いになるため、美耀は直人と身体だけの関係を始めるが…。
やさしく切ない恋のエチュード。


表題作籠の鳥はいつも自由

矢部直人 演劇科講師(25歳)
岸本美曜 美術科高校生(17歳)

その他の収録作品

  • すきとおった青い空
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

もう最高です!

『年の差もの』で、『先生と生徒もの』という、私にとっては黄金の組み合わせです。

とにかくキャラクターがよかったんですよね。美耀(受)も直人(攻)も大好きです。

美耀は、少なくとも見える部分は『健気』というタイプではありませんが、(健気な受が大好きな私ですが)それでもよかったんです。美耀の強気なところ、反面すごく弱いところ、そして直人に惹かれて行く気持ち(そういう自分への困惑・動揺も含めて)が、本当にうまく表現されていました。

それに直人の、ストーリー上は表に出ない・出せないけれど、ほんの少し零れるように覗く優しさが、じんわりと沁みるようでもうたまらなかったんです。続編では、意外に子どもっぽい(自分に正直なのか?)ところもあって、それもまたよかったですね。直人は、私の好きな攻のかなり上位に入るんですよ。

実はこれ、金さんのイラスト買いの中の1冊だったんですが、あらすじの最初の『名前は呼ばない、唇にはキスしない。 それがこの部屋でのルール』っていうので、もう『痛い』、『酷い攻』系の作品かと思って、後回しにしてたんです。でも、勇気を出して読んでみたら・・・全然違いまし続きた。それどころか、爽やかでさえあります。ホントによかった、最高です!

余談ながら、これをきっかけに松前さんを作家買いするようになって、今では著作30冊以上の作家さんでは唯一フルコンプリートしています。

松前さんは、地味な作家さんという位置づけでしょうが、文章はすごく上手いですね。どの作品もドラマティックな盛り上がり・下がりはまずないのに、日常の淡々とした情景の中、突出した設定でもないキャラクターで、これだけ読ませること自体が力量を示してるのではないかと思います。まあ、私の『好き作家さん』フィルターのせいもあるかもしれませんが。

5

面白いッス

いやー、もう、素直に面白かったです。

恋人と事故で生き別れになった高校生が主人公です。
絶望的な気分で毎日を送る主人公の前に現れたのが、その恋人とそっくりな顔をした男。演劇の講師として、主人公のいる学校にやってきたのだ。
彼が気に触って仕方ない主人公は、彼につっかかり、身体の関係を迫る――。

主人公は、その講師と交流することによって、少しずつ立ち直っていくんだけど、それが自然でした。
必然のようにその講師に恋してしまったことによる戸惑いも痛みも伝わってきました。
必要以上にはグルグル悩まないのも良かった。くどくないのだ。若さ特有の割りきりと悩みのバランスが、絶妙でした。
先生のオトナの部分と子供の部分のバランスも良かったなァ。
超良作でした。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ