夜の雨は密やかにふたりを濡らす

yoru no ame wa hisoyaka ni futari wo nurasu

夜の雨は密やかにふたりを濡らす
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
2件
平均
4 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
雄飛
シリーズ
アイノベルズ(小説・雄飛)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784946569326

表題作夜の雨は密やかにふたりを濡らす

執着系ヤクザ
男前刑事

評価・レビューする

レビュー投稿数1

大事なのは繋がり

ストーリーはね、よくあるやつです。
一人の男がもう一人に異常に執着していて、相手の何もかもを支配したいと願う。
執着された方は刑事としての矜持と、男としてのプライドがすてられず、
惹かれていくココロと、快楽を覚えさせられていく身体を持て余す・・・・・

羊としては鉄板設定ですが、設定だけでは萌えないのは「SH」で証明済み。

この飛田さんのは、セリフのいちいちが、なんだか胸に響くのと、余計な事件が起こらない。余計な登場人物がいない。
きちんとふたりの関係に絡むことだけが書かれているのに、もちろんドラマチックな展開もちゃんとあって・・・やっぱり「関係」に萌えないとね。

とうとう見城に別れを告げた西澤は、その直後、
見城に心酔する木田によって拉致されてボロボロになっちゃうんですね。

職も失い、自宅へも帰れず、都内の安ホテルを転々とする西澤。
見城に探しあてられて「どうして、お前なんだ・・・」といいつつ見城の匂いに安堵する
中盤のクライマックス。

逃亡用に与えられた別荘で静かに心を通わすふたり・・・

「それでも俺はもっと強くて確かな繋がりが欲しい続きんだ」
「もしそれが最初からないものだとしたら?」
「なかったとしても、俺は欲しがることをやめない」
終わりなんてないと見城は言っていた。

このシーンの余韻を心から愛しています。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ