法律事務所に恋が咲く

法律事務所に恋が咲く
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
20
評価数
6件
平均
3.3 / 5
神率
16.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥476(税抜)  ¥514(税込)
ISBN
9784044502010

あらすじ

ルビー文庫に初登場☆樹生かなめが贈るハジメテづくしの東京ラブ!上京して働き始めた健介は、方向音痴なため、仕事中も迷ってばかり。そんな健介を助けたのは、紳士然とした二枚目弁護士・小早川だった。実はケダモノな弁護士様に魅入られちゃった健介の、受難のラブストーリー!―僕が、発情期だ。

表題作法律事務所に恋が咲く

小早川 エキセントリックな弁護士
健介 奈良出身の純朴で無神経な青年

評価・レビューする

レビュー投稿数4

小早川先生!奈良におかしなイメージがついちゃいそうです!

CDを先に聴きました。
あまりにも鹿、鹿、鹿の連続だったので原作は一体どうなっているのか?と思って読んでみたんですがCDより更に鹿率パワーアップしてました!!
あれですね、耳で聞く方が面白そうに思えるんですがこうやって比べてみると文章の方が笑えます。
鹿を筆頭に、奈良、鹿せんべい、大仏の言葉が頭に自然にすっと入り込んで来て違和感が無い。成る程なーーと思いましたですよ。

さて健介があまりに方向音痴だったので、法律事務所に移って大丈夫かー!って思ったのですがそこでは役に立ってましたね。
やっぱ適材適所ってあるんだろうな。
健介は何ていうか癒し系で読んでてほっとします。
小早川がちとぶっとんでるから余計に彼が出てくると癒されますね~。
でも小早川もちょっと妙な方向に行ってる部分はありますが頼れるし仕事は出来るし、そういうところはちゃんとしてるのがいいな。
癒し系健介と小早川は最終的にはなかなかお似合いなカップルでした。
これからも色々あるんだろうけどバカップルになりそうな気がします、主に小早川が原因で。
しかしこの作品で奈良について色々詳しくなった気がします、ってい続きうかおかしなイメージばかり付いた気がしないでもないですが!

0

鹿 吉野桜 大仏 金魚すくい そして くず蜜 !!

わらったぁ~~~~~ あ~おなかいたいぃ~~~

「猫から~」が面白かったんで、ただ今たぬきの巣では樹生かなめ祭り絶賛開催中でございます。へへ~ 大人買いしちゃった。
いっこ前に読んだ「ホスト~」(出版は本作が先)がイマイチだったんで、期待しちゃだめなのかなーとか思ったんですが、こっちはおもしろかったぁぁ

奈良=鹿
はい、わかります。おいらも修学旅行は奈良(と京都)で、クラスメートと鹿せんべい齧りましたもの。今でも楽しい思い出ですもの。

冒頭のね、健介が葉山さんとこクビになるまでが、ちょっと長くて飽きちゃったですよ。東京で方向音痴。笑うトコなんでしょうけど、おいらにも、しょっぱい思い出がこれでもか と ・・・なので、あまり笑えませんでした orz
でも、そのあと小早川先生に拾われてからの怒涛のらぶらぶ生活。奈良のアイテムがこれでもかと登場します。しまいにゃ健介自身が鹿あつかいwww 小早川のズレっぷり最高!!
健介はえっちのときも小早川を「先生」と呼びます。教師×生徒と錯覚しちゃって、無駄に萌えました。
こ難しいこと考えず、あたまを空っぽにして楽しめる作品だと続き思います。

1

 鹿に似てるね。

 何回読み返しても好きだ~、な作品です
 大人の色気振りまく二枚目弁護士小早川×鹿似の健介のお話。
 奈良県から上京してきた健介は、道に迷ってばかりで、しかも、デリカシーのない言葉から客を怒らせて、雇い主もほとほと飽きれていたところ、弁護士の小早川が健介を拾い上げ、弁護士事務所の一員として迎えます。
 何も知らないおぼこい健介が、小早川の手練手管によって快楽を覚えていくさまがいい。
 小早川は、途中、健介がホークシックで奈良に帰りたがっていると思い、健介に鹿と藁葺き屋根の家を用意します。おい、違うだろう!
 要所に鹿がアクセントとして利いていてとても面白かったです。
 

0

鹿にはじまり、鹿に終わる

シュールな笑いがたっぷり詰まった一冊です。
このノリが好きならとことん楽しいだろうけど、このノリが嫌いならさっぱり面白くない、そういう類いのお話であることは間違いないかと思います。私はもちろん前者です。樹生かなめさんのシュールなユーモアのセンス、大好きなんですよ。

小説のテーマは…『鹿』だと思いました。
説明は難しいんですが、読んだら分かります、間違いなく鹿ですw
奈良から出てきた純朴で無神経な男と、法律事務所で働くエキセントリックな変態弁護士の恋のお話。
バカバカしくて下らなくて、そしてめちゃくちゃ面白かったです。
いいなァ、樹生かなめさん。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ