リトル・バタフライ 3

リトル・バタフライ 3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×20
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
35
評価数
9件
平均
3.9 / 5
神率
44.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~(コミック・海王社)
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN
9784877243395

あらすじ

同じ高校に通うことを夢見ながら受験勉強を続ける仲原くんと小島くん。大人たちの都合に振り回されてきた仲原くんの見つけた大切な場所とは…。描き下ろしあり!

表題作リトル・バタフライ 3

大人★中原くん(中3)
ワンコ★小島くん(中3)

その他の収録作品

  • なまえ
  • free talk

評価・レビューする

レビュー投稿数4

未来に向かって・・・

歩き出した2人。作品としてはハッピーエンド、ですね。

仲原(攻)の母の姿は、確かに親としての私にとってはツライんですが、父の姿がないだけでも、ストーリーとしてはグッと読むのが楽になりました。
ただこれはあくまでも私の感覚で(個人的に気になる部分が多少なりとも軽減されたというだけで)、ストーリー自体は相変わらず重苦しく、何とも切ないシリアスです。

仲原の家庭環境は、母の実家に引き取られて見方によっては以前よりマシにはなったかもしれませんが(仲原にとってどうかはまた別でしょう)、解決には至っていません。結局、問題の根はラストまで残されたままです。

ラブは少しずつ進展して、本当に可愛いなあ、と微笑ましくなります。もともと、私は中学生(同志)には全く抵抗ないし、Hも段階踏んで少しずつ進んでいる感じでよかったです。

トータルとして『初々しくて可愛い』と言えば、それはまた違うんじゃないかとも思うんですが、私がどうしてもダメだった仲原の家庭環境(というか親ですね)を除ければ、とても清々しい印象を受けました。
イヤでもやっぱり私は、なんとも重くて苦しかったんです続きが。

本当に評価に困る作品(シリーズ)でした。決して悪くはない、でも『萌え』があるかと訊かれれば、ちょっと困ってしまいます。←『萌え』がまったくないわけではない、確かにそうなんですが、それを吹っ飛ばすほど苦手要素が大き過ぎたんですよね・・・

でも、作品としては『中立』ではないな、と思ったので『萌』にしました。これでよかったのかは今も悩むところです。

0

一応ハッピーエンド

中学生2人のピュアなラブストーリーも最終巻です。
小島君が巻を追うごとに乙女化してきてるような...
死語となりつつある『テヘッ』『エヘッ』といい、
ブリッコの定番ポーズの連発といい、見た目も行動もまるっきり
女の子なんですよね~アレがついてる以外...
なので、BLを楽しむってよりは、幼い2人の幸せをただ単純に
応援してるって感じでした。

杉崎の住む大阪にやってきた仲原ですが、
そこで見た母親は現実逃避の末、記憶障害も患い、6才の仲原の
記憶のままで止まっていて、今現在の仲原のことがわからない状態
になっていた。
一方小島は、仲原に会えない日々が寂しく、こっそり大阪に会いに行く。
改めて小島の存在に助けられた仲原は、母親に別れを告げ
小島とともに帰ることにした...

母親に別れを告げるシーンで、今の仲原にやっと気付いた母との
涙の別れって安っぽいメロドラマな展開を想像してたんですが、
結局母は元には戻らないまま終わります。
ちょっと切なくもありますが、全てが簡単にうまく片付いて終わるより
この方が現実感ありますよね。
いずれ現実世界に戻っ続きてくるかもしれませんが、このタイミングでは
都合良過ぎのハッピーエンドで白けてしまったはず...

その後、帰ってきた2人は無事初エチとなるわけですww
かわいいエチだったなぁ~
小島君の顔はやっぱりエロいんです★
でも、仲原君のプリンとした半ケツに萌える~
どう見たって受のような、こぶりなプリケツなんだもんww

ラストは卒業式で終わりました。
これから高校での寮生活を始める2人の話しもちょこっと覗いて
見たい気持ちもありますが、ここで終わるのが一番キレイですよね。
お互いが好きな気持ちだけで乗り切れる、
この好きな気持ちはずっと変わらないって考えは夢のような話ですが、
中学生2人の恋の締めくくりとしてはこれがベストだと思いました。

「なまえ」
描きおろし7ページ、今回もやっぱり仲原君目線。
名前で呼び合いたい仲原君だけど、
小島君は照れてなかなか名前で呼んでくれない。
じれた仲原君はエチの時に名前で呼ぶまで出せないように
いじわるしちゃうわけです。
ハァハァ...かわいすぎる...

1

最終巻。いままでで一番シリアス。

沢山のことを乗り越えたり置き去りにしたりしながら、卒業。
卒業式のあとの屋上のシーンは、これまでの二人とこれからの二人を思ってジーンとしてしまいました。

初めてのエッチは……。
初めてとは思えない色気と愛が溢れていました!
とにかく高永さんの絵だから、綺麗でエロい!
そして今回は、こっ恥ずかしいっ!
二人がここまで本当に一途に想い合ってきたから、そこに体の関係があったかなかったかなんてのは、ただタイミングとかだけの問題で、二人はとっくに繋がっていたんだよなぁ……と、しみじみ思いました。

結局家庭の問題は何も解決していないんだけど。
これはすぐに解決する問題でもないし、これからもいろんな壁にぶつかりながら、二人で一緒に乗り越えていくのでしょう。
だって二人はまだ、中学を卒業したばかりの成長過程にいるんだもの。
今は見えていない現実も見えてくるだろうし、そのせいで、今まで突っ走れていたことに躊躇してしまうってこともあるのかもしれない。
それでも足を止めないで居られるんじゃないかな。
仲原は心が強いし、小島が懐広いし。
何より二人は本当にお互いが大好きだもの続き

高校の寮生活も見てみたい!
続編をめっちゃくちゃ希望します!
高校編!見たいっ!

4

ついにエッチ!

三巻かけてジワジワと進んでた中学生二人の恋ですが、最終巻にきてやっとエッチに辿り着きました。
妙に萌えたー。
妙に恥ずかしかったー。
ふだんすぐにエロエロ状態に突入するBLばかりを読んでるせいか、このジワジワ感がたまらなくツボにきました。
中学生設定がばっちり生きてる初々しい作品でした。
下手に当て馬を登場させなかったのも良かったと思います。

攻めの家庭環境が複雑で、問題はちゃんと解決してないんだけど、解決させなかったのも良かったと思う。
もしこの展開で安易に解決させてしまってたら、作品全体が陳腐になっちゃったんじゃないかなと。
そういうあたりも、高永ひなこさん上手だなァと思いました。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ