うつしみの手 リアル1/2

utsushimi no te real1/2

うつしみの手 リアル1/2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神9
  • 萌×24
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
11
得点
76
評価数
18件
平均
4.2 / 5
神率
50%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
一水社(光彩書房)
シリーズ
光彩コミックス(コミック・光彩書房)
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784860931100

あらすじ

潮の先輩、谷口の出現をきっかけに潮と陸、二人だけの世界は崩壊を始める。
谷口との同居、陸の高校受験、両親の離婚。次々に突きつけられる現実。
甘くて、ぬるい、二人の世界が静かに終わろうとしていた…
出版社より

表題作うつしみの手 リアル1/2

谷口 :潮の大学の先輩。多情な好色漢。
市川潮 :市川陸の迷える兄にして実質的な保護者

同時収録作品帰る男

美木・サラリーマン
帰ってくる男

同時収録作品雨の日

風太・大学生
はじめ・大学生

同時収録作品春休み

伊沢・同じバイト先の同僚
辻元太郎・高2

その他の収録作品

  • ルール違反 :表題作シリーズ
  • 午睡 :表題作シリーズ
  • 見舞客の事情 :表題作シリーズ
  • うつしみの手 :表題作シリーズ

評価・レビューする

レビュー投稿数11

リアル1/2の続き

前巻はしゅみじゃない評価だったけど、その続きのこっちの本では、潮が谷口を切ってくれたのと、同録の作品をプラスして萌評価アップ。
初出がSM系のアンソロだから、表題作以外の同録作品でも、玩具を使ってたりプレイ的には似たようなことしているシーンもあるけど、
でも、リアル1/2の谷口と、他の作品では、愛の在処が決定的に違うのよ。
やっぱり、ちゃんと愛がなきゃ。
彼岸の川から呼び戻すような愛。
咲くはずがないのに咲く恋の花。

1

兄のセフレがクズでした。

多分、ハッピーエンドですよね。
兄弟で纏まったでいいのかしら?
矢張り、谷口駄目でした。とことんクズで救いようがなかった。
この人が出た意味があったんだろうか。正直、誰でも良かった気が。寧ろ、誰でもいい人の方が害がなくてよかったような。
まあ、お幸せに。
一番可哀想なのは父ですよね。独りになっちゃった。
可愛い奥さん見付けて、幸せになって欲しいですなあ。
ほとんど出てこないキャラだったけれど。

続いた短編が谷口に見たいなクズ話かと思ったら、いやクズかもしれないけれどこのオチは反則です(号泣)
最後の話も、二人は纏まったでいいのですよね。
小さい頃に父親が男といたしてるの見たら、トラウマになりますやね。あ、でもあまり行為はトラウマでもなかったかも。
明治作品のキャラは物事の受け取り方が少しズレているのが味なのかもしれないと、ふと思いました。

1

読者を選ぶ作品

三村家の兄弟とはまた違った感じの兄弟ものですが、わたしゃごっちゃに。
これは2冊併せて読まないと「リアル1/2」だけではなんだかよくわかんないと思います。(私だけですか?
母親は男を作ったりですっかり破綻した家庭。
そんな母親からの抑圧によるストレスが原因で潔癖症なうえ二重人格な弟と、こっちは先天的なのか?やはり二重人格っぽく色情狂な兄の話。
眠っている間は別人格となる弟は、普段人に肩を触られるのも気持ち悪がるくせに、夜な夜な兄の元へ行きひとりでは処理できないことを兄に委ねるというお話で、兄が弟をいいようにしているように思えて実は弟に振り回されているという、ちょっと痛い関係です。
そこにいい感じに挟まってくる兄のセフレ。この人がまたとっても人でなし(笑)
兄弟同士もセフレとの間にもその行為に愛はなく、一種虐待に近い感じでちょっとやだな~と思っていたのですが「うつしみの手」を読んでいくうちに、だんだん兄弟の関係にも変化があり、最後は少し救われました。

「うつしみの手」には、他に3本短編が収録されていますが、その中の「帰る男」が悲しくてよかったな~。途中でドンッと突き放続きされるこういう感じ、好きです。

2

閉ざされた部屋からリアルな世界へ一歩踏み出すその時何が起きるのだろうか。

というわけで、兄の潮と弟の陸のお話完結巻です。(残り半分ぐらい別の作品が入っています)
今回が最終巻ですが、兄の潮が谷口さん(変態)によって、赤の他人との複数プレイをやらされてしまいます。その点は一巻より酷い部分なので苦手な方は要注意です。

さて、潔癖症で眠ると二重人格になる弟についてですが、
彼がここまで精神的にキてしまったのは、愛しい兄を守るためでもあったことが分かります。
父親と母親の不仲を感じさせないように、弟の陸が防波堤になっていい子を演じていたんでしょうね。
なんとも深い弟の愛を感じます。兄は兄で弟の異常行為に付き合うほどやはり愛しているんですよね。お互いに愛し合っているし、守り合っている。異常な内容なので見落としてしまいそうになるけれど、実は二人の絆が深いことが読み取れます。

そして最後、陸の手がいつの間にか兄の手と同じくらい大きな手になっているシーンがありますが、
これは将来的にリバだな、という予感を感じさせる内容でした。いや間違いなくリバになると思いますw
そして兄のおかげできっと潔癖症もなくなって、いずれは幸せに二人で暮らすのではないかな、と続き思いました。

2

リアル1/2完結と短編

前作リアル1/2の陸と潮との兄弟話が完結、それに加えて短編が3作収録されてます。

最後まで陸は己がセックスをしている事に気付かないのだけれど、それでも陸は少しずつ知っていく。
潔癖で、己を責める立場である筈の母の不貞を、そして兄が男とセックスしている事を知って、潔癖さと若さ故の純粋さから陸はそれを本能的に嫌う。
そんな時に、陸は己が犯されている夢を見て夢精をする。
そして少しずつだけれど潔癖性を筆頭にして閉じていた世界から、外へと出ようとする。
そこは潮と陸との世界、その世界にはまだ大きな世界があるけれど陸はまだそこにまでは行かない。
陸は言う、自分の身体はもっと大きくなるのだ、と。
そう、確かに陸は大きくなる可能性を秘めている、おそらくは潮よりも大きく。
それを潮は知っている。
相変わらず潮は何を考えているのか分からなくて、そこは読者へと託されるのだけれど、潮という人間は分からないけれど不可解ではない。
最初は潔癖で夢遊病の陸を潮が一方的受け止めているかの如くに始まったこの話は、陸が潮にとって大きな存在になるだろうという予感を持たせて終る、勿論陸にとっても潮は続き大きな存在だけれど、それ以上に潮にとって陸は大きな存在になる、多分。

他短編もエロをストーリーに上手く練り込んであって必然性のあるエロになっている月並みな言い方だけれど珠玉の作品集。

1

とても好き

明治さんはひとの無意識領域にアクセスする能力を持ってるんじゃないか?と思っているのだけど、このシリーズはその辺がかなり表面に現れていてすごく面白かった。
まるで文学作品みたいな気配すら感じさせるところがあるけど、受けのかわいらしさや軽やかさも併せ持っていて、重いだけでは無い個性が秀逸。絵のセンスも抽象絵画みたいな無意識に訴えてくるものがあって非常に惹かれる。
その明治さんの作品の中でも「帰る男」という、この本に収録されている作品は…何がツボなのかわからないが…どうしようもなく心に突き刺さる作品で、大号泣…。SMテーマな作品だったのかもしれないが、ただのSMでおさまらない…人間の業の哀惜みたいなものがこの短いページ数で描かれていて…本当に驚いた。どこかの映画監督に映画にしてほしいくらい。

3

続編!

100パーセントではない。
ハッピーエンドと呼べるものかも解らないのですが、面白かったです。
なんにせよ、兄弟の間はそんなに悪くないのかもと思わせてくれる「リアル1/2」からの続編であります。
オニイチャンが、相変わらず谷口さんにエロエロされているので、思わずニヤニヤしてしまいました。
エロければいいのか自分!!(。´>д<)シ彡☆
パンツ履いたまま、手錠かめて強引にとか。
谷口さんのダチ数人と輪姦(?)とかありますので、苦手なかたはご注意ください。
二つの人格が妙にシンクロしてきた?な弟君も可愛かったです。
谷口さんへのヤキモチが日ましておりますね。
大きくなって、お兄ちゃんを押し倒す姿が見たい!!
兄ちゃんも基本的にはネコなんだな~とうのが今回わかったのも収穫でした。
非常にモエwwww

他短編いくつか
死ネタだったり、もろもろ暗めのお話になってはいますが、
面白かったです。

1

兄弟で家族再生のお話

「リアル1/2]で兄潮の友人谷口とも関係してしまった陸。
そこから潮が陸を突き放すような発言と行動を。
陸も谷口と潮の関係にうっすら気付き、憤りを覚える。
この兄弟の家庭は崩壊しており、兄と二人で家を出て一緒に暮らすため、陸は努力しようとする。
二人だったらやっていける。
貧しくさみしい食卓だった今までの風景が二人暮らしになって幸せそうだ。
そこには、禁忌の愛ではなくて純粋に家族としての兄弟愛が見える。
きっと陸が兄より大きくなって、兄を守る存在になる日もくるだろうと予感もさせる。

同時掲載の3作品も心へ訴えるお話でした。
奥の深い明治カナ子作品です。

1

母からの自立

 一冊のうち、半分が「リアル1/2」の続編です。

 BLっていうよりは、昔の少女漫画を思いだします。
 
 母から開放されるのですが、実は兄よりも弟のほうがしっかりしていました。表紙がまさしくそう。弱いのは兄だったのです。

 この兄弟は、肉体関係があっても夢の中だったし、二人で暮らすようになってからのエッチシーンはないし、BL近親ものでありながら、結局最後まで恋愛関係ではなく、兄弟であり続けたのです。だから、「兄弟なのに恋をするなんて気持ち悪い」と思う私が、読んでいて嫌悪感を抱かなかったのだと思います。

 この話は、ラブではなくて家族のお話だったのだと思います。

 久しぶりにこの漫画を読んで、24年組の少女漫画を読みたくなりました。

1

ごはんはとってもおいしいもの。

やっぱりラストを読むと非BLではないかなと思わされる作品。
母親というある意味愛情の象徴である人を恐れて
食卓を囲むのを拒否していた陸が
形ばかりだった「家族」という箱を抜け出して
新しい場所で自分にとっての本当の「家族」を手に入れる。
ある兄弟の成長の物語としても読めるとおもいます。
本当においしそうにご飯を食べる陸と潮を見ることができてよかった。

虚を受け入れて現実に帰るのが「うつしみの手」なら
次に載っている「帰る男」は現実を受け入れることのできない男を描いたお話。
喪失の痛みのどうしようもなさが胸に残り、なんとも言えない読後感です。

3

代償行為

ボーイズラブに於ける性行為とは、こんなに
痛々しいものだっただろうか、とふと思って
しまう一冊です。シリーズ前半を納める
『リアル1/2』と併せ読むと更にそう思えて
くるでしょう。

代償行為としての性行為が展開される中、
得るべきものをきちんと得た人もいれば得る
事の出来た筈のものを逃がしてしまった人も
います。その機運の善し悪しを渦中にいる
その時にではなく、過ぎ去ってから知ると
いうのが余計に苦さを感じさせるのです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ