きっとそれも恋のせい

kitto sore mo koi no sei

きっとそれも恋のせい
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
4件
平均
2.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥476(税抜)  ¥514(税込)
ISBN
9784044490041

あらすじ

―――抱いて、俺で鳴かせたい。上司の石橋に恋心を抱きつつも手に入らないだろうと諦めていた文月。しかし、ひょんなことから友人に頼まれ彼に近づく事になった文月は、なぜか石橋に迫られるハメになってしまい…!?―好きだから。 抱いて、俺で鳴かせたい。 仕事は一流、素行は最悪、傍若無人な男前―そんな上司・石橋の下に配属されることとなった文月。憧れていた石橋との念願叶っての仕事に喜んでいたけれど、仕事中に突然「お前が気に入った」なんて石橋に口説かれてしまい、文月は大混乱!憧れと恋との間で困惑する文月に、石橋は容赦なく求めてくるけれど、石橋の以前の恋人が自分の友人だったと知ってしまい…!?自覚したばかりの恋に襲いかかるのは試練!?それとも…?  恋と友情の狭間で揺れる上司×部下の社内ラブ!!

表題作きっとそれも恋のせい

仕事は一流でも素行は最悪な男前上司・石橋雄吾
大手文具メーカー広告宣伝部の二年目社員・文月円

評価・レビューする

レビュー投稿数2

遊び人攻めを受け入れられるか

1冊丸ごと表題作です。文月(受け)の目線で進んでいきます。

文月は憧れの上司・石橋(攻め)に認められて仕事を一緒にすることになり浮かれますが、石橋が友人・西村の恋人でつい先日手ひどくふったと知り…。

文月は上司という敬愛だけでなく、石橋に恋愛感情も抱いていると自覚し、石橋にも好きだと口説かれるのですが、まだ石橋に未練がある西村を思い、好きだと言い出せません。

文月の思考や言動はもっともであり、読んでいて共感がもてます。

一方、石橋は、自分が遊びだから相手もそうだろうという安直な考えで好きになれません。終盤、別れを言ったセフレや遊び相手から仕事中に携帯へ電話がかかってくる場面がありますが、そのこと自体が相手は遊びだと思っていなかったとも考えられ、自分勝手に相手の気持ちを振り回しているようで不愉快でした。

せめて、西村に他に好きな人ができたとか、恋人ができたようだという一文があればまだ少し印象が変わったのですが、それきり登場しないので、文月との関係はどうなったのか気になるままです。

主人公二人が幸せならそれでいい!という方にはお勧めですが、サブキャラまで続き幸せになってほしい方には向かないと思います。ただ、コミカル調でテンポよく、さくさくと読み終わりました。仕事の話も出ますので、リーマン好きには良いかもしれません。

0

いまいちでした

改行と同じようなモノローグの繰り返しによって枚数稼ぎをしてるんじゃ…としか思えなかったです。
火崎さんは文章は上手いし物語作りも上手いと思うんですが、多作なだけに出来不出来の差が大きいのかなァ。

主人公はリーマン(受け)。
遊び人のイケメン上司(攻め)に恋します。
上司も主人公に恋して、口説いてくる。でも信用できない。
そんなある日、イケメン上司の元恋人が自分の友人だったと知ってしまう。しかも友人はイケメン上司に未練がある。
主人公はぐるぐると葛藤します。

なぜ遊び人のイケメン上司が主人公に本気で惚れたのか、その部分に説得力が欲しかったです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ