ゴッドファーザーにNOは言えない

godfather ni no wa ienai

ゴッドファーザーにNOは言えない
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
2件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
心交社
シリーズ
ショコラノベルス(小説・心交社)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784883029839

あらすじ

精神科医の朝霧恭一は、姉がイタリア系アメリカ人と結婚したため、世界の大富豪ヴィンセント・マトラレリと親戚になってしまった。
結婚式で会ったヴィンセントは、人が自分に従うのは当然といった態度の、優雅で尊大で危険な男。
その正体が米国マフィアの頂点に立つゴッドファーザーだと知って、恭一は彼に関わるまいと堅く心に決めた。
だが式の後、NYに滞在する恭一の元に届いた薔薇の花束と、限りなく“命令”に近いヴィンセントの招待に、気の弱い恭一は応じてしまう。
ヴィンセントの真意が何なのかもわからずに―。

表題作ゴッドファーザーにNOは言えない

世界の大富豪&マフィア ヴィンセント・マトラレリ
精神科医 朝霧恭一

評価・レビューする

レビュー投稿数1

映画を知っていたら、なお楽しめる

映画「ゴッドファーザー」を見ていたらなお楽しめますが、知らなくても全く問題ありません。

潔癖症のヴィンセントが、唯一触れることができる相手が恭一だということで、ヴィンセントの弱味と見られた恭一は心ならずもチャイニーズ・マフィア達に狙われてしまいます。ヴィンセントに匿われた恭一は、そこで彼に抱かれてしまい…。

ヴィンセントは初対面から恭一だけは何故か大丈夫で、恭一は「神からの授かりもの」だと言いますが、単に一目惚れだっただけじゃないかと思っています(笑)恭一の方は、抗ったけれど押され流され、ヴィンセントの優しさに触れて落ちたという感じです。

ヴィンセントは強引な面もありますが、バラを贈って督促しつつも、恭一の意思を尊重して3か月以上も待つこともできる男で、好感が持てます。

恭一の姉、ヴィンセントの部下のイアン、FBIと名乗るロバートなど、サブキャラが話を引っ張り、あれよあれよという間に最後まで読んでしまったという感じです。舞台もイタリア、アメリカ、日本、中国と移動します。

マフィアなので、殺すという言葉はたくさん出てきますが、実際に詳細な酷い場面はそう出てき続きません。全体的にコミカルな雰囲気です。
大人なイタリア男の攻め、巻き込まれ系の話が好きな方にお勧めします。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ