ロッカーナンバー69

ロッカーナンバー69
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
4件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
大洋図書
シリーズ
SHYノベルス(シャイノベルス・大洋図書)
発売日
価格
¥860(税抜)  ¥929(税込)
ISBN
9784813010197

あらすじ

渋谷駅、ロッカーナンバー69。そこが高校生・津久見英輝の秘密の隠し場所だ。英輝は可愛い外見を武器に大人の男を若い自分の前に屈服させる事に興奮を感じていた。だが、義父に悪戯をしかけた翌日、突然現れた胡散臭い男・田村に捩じ伏せられ、一緒に暮らす事になり!?

表題作ロッカーナンバー69

田村洋介・英輝の叔父
津久見英輝・高校生

評価・レビューする

レビュー投稿数1

友人のミチルが印象的

萌×2にしたのはメインカップルではなく脇キャラのミチルに対しての評価です。
彼が出てなかったら普通に萌。
男にだらしない母親がやっと、冴えないけれどまともな男と結婚。
英輝〔受〕は見かけは一見普通の優等生ですが、実は結構なしたたか者で、悪友達と組んでセクハラをするオヤジをターゲットにして金を巻き上げたりしてます。
そんな英輝が、ふと気まぐれで身勝手な母親に好き放題されも文句も言わない義父にちょっと性的な悪戯をしかけてしまう。
そして英輝は有無を言わさず、義理父の弟、つまり叔父にあたる田村〔攻〕宅で暮らす事となってしまいます。
最初は反発していたものの、いざ同居を始めてみると田村との生活はそう悪いものではなく、英輝自身の考え方も少しずつ変わって行きます。

この作品で最も印象的なのは英輝の友人で普段は引きこもりだけれどプロデビューのスカウトが来る程の才能を持つラッパー、ミチル。
彼の描かれ方が実に深くそして魅力的で、正直、英輝とミチルとの2人の話でも良かった気がします。
ちなみにミチルの本名は充で、ミチルはチルチルミチルから取ったミチル、なのです。
ミチルはこの作品続きでは亡くなってしまうのだけれど、彼の話、スピンオフも読みたかったと思わせる程に印象的でした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ