雨のち晴れ 抱きしめたい3

雨のち晴れ 抱きしめたい3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸ノベルズ(小説・白泉社)
発売日
価格
¥583(税抜)  ¥630(税込)
ISBN
9784592861560

表題作雨のち晴れ 抱きしめたい3

彰 大学生~リーマン
歴也 大学生~リーマン

その他の収録作品

  • マーマレード・キッス
  • BLUE

評価・レビューする

レビュー投稿数1

シリーズ三作目

抱きしめたいシリーズの旧版の三冊目です。
二冊目からはググッと時間が遡ります。視点も攻めへと変わる。
付き合ってまもない大学生なりたての頃の『雨のち晴れ』、大学四回生の『マーマレード・キッス』、それから社会人となってからの『BLUE』。
すべてが攻めからの視点で、時系列でいうと、シリーズ一冊目の『抱きしめたい』はこの『BLUE』の後ですね。

攻め視点に移って分かるのは、攻めがどれだけ一途に必死に受けを愛しているかということ。受けの淡白さに、いつも物足りない思いでいるのだ。だからこそ必死で追いかけてしまうんだろうけど。
受けは受けで、攻めが浮気しまくってるのは知ってるので、自分から踏み込みすぎないように予防線を張ってるんだけど。それが上手い具合いの焦らしになって、天然の恋の駆け引きになっちゃってるんだよね。
何年付き合っても、大事な部分でずっと心はすれ違ったままなのが悲しい。それでもお互いにお互いをものすごく愛してる。
文体は軽いんだけど、中身は意外と重いです。
『好き』『俺も好き』でメデタシメデタシにはならず、何年も賭けて『愛を育てつつも、ズレている』という複雑な関係を築きあげてきた続きのだ。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ