BODY TALK

body talk

爱的肢体语言

BODY TALK
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×24
  • 萌8
  • 中立4
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
15
得点
64
評価数
22件
平均
3.2 / 5
神率
18.2%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
松文館
シリーズ
ダイヤモンドコミックス(コミック・松文館)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784790112570

あらすじ

「好き。嫌い。大好き」
あくまでも柔らかく繊細な筆致。どこまでも瑞々しく艶っぽい空間。
(出版社より)

表題作BODY TALK

複数
複数

その他の収録作品

  • Liar!Liar!
  • ありえない
  • くしゃみ
  • 甘病。
  • 目を開けてはいけない
  • いちゃいちゃ
  • DOGS

評価・レビューする

レビュー投稿数15

えげつないエロ表現なんだけど

やっぱり好きだな井ノ本リカ子さん。
エロばっかでどエグいのに、オチにひねりが効いているせいかなんか小気味良い。
エグくても平気な方には、個人的には「SWEET」よりもこちらと「BABY BITCH!」をオススメします。
ただしエロ表現は既刊の単行本の中で本作が最もえげつないです。
ご注意を…

「Liar! Liar!」
これが一番好き。
雨の日に拾った記憶喪失の青年と暮らす男の話。
セックス中の会話とその後の男の夢の話から二人の切なすぎる関係性が分かります。

「ありえない」
ショタ攻め含む3Pです。
ドM受け。
何がどうしてそうなるんだよって思わずツッこみたくなるストーリー展開はまさに“ありえない”です。

「くしゃみ」
これも好き。
教え子×教師。
卒業式に「最後の思い出に」と一度だけエッチした先生と偶然再会してもう一度エッチする話。
これもまた最中の会話から大人な先生の切ない胸の内が汲み取れきゅんとします。

「甘病。」
ラブラブカップルの甘イチャ。
病気の時にこんなことしてちゃいかんよw

「目を開けてはいけない」
一緒に続き住んでる男友達が夜な夜な仕掛けてくる夜這いを寝たふりで受け入れ続けている男の話。
これは特にひねりなく、そのまんまの分かりやすい話ですかね。

「いちゃいちゃ」
これもラブラブカップルのイチャエロ。
声を必死に押さえるツンデレ受けがかわいいです。
井ノ本さんの見た目クールビューティなツンデレ受けがドロドロにされてるの好き。

「DOGS」
生徒×教師の4P。
色んな意味で一番えげつない。
誰が誰の“犬”なのかって話です。
電車内での行為+スカトロ(大)を含みます。
オチが分かった時、これがラストという構成にもある意味小気味良さを感じます。

言ってもエロ本なので萌えるかと言われるとちょっと違うんですけど、好きなので「萌×2」で。

0

イラストは好みです

もともと男性向けのマンガを描いていらっしゃるイメージを持っている先生なのですが、BLを描かれていたことを最近しり入手しました。
イラスト好きだったんですよねー、と思って。
この1冊はなかなか好みが分かれます。
エロ目線での描写がかなり細かいです。
お話の展開もなかなかだなぁと感じました。
まぁ、タイトルがBODY TALKとあるだけに、言葉で語らず…って所ですよねぇ。コマ数少な目なんですけど、そこを上手く利用しているん構図もすごいと思いました。ただ、BL初心者の方にはおすすめできません(-"-)

0

先にレビュー見てからにすれば良かった

なんとなく気になってたのでパッと手にとって購入しました。
短編集で色々お話が入っていたのでその分シチュも色々でこの点については良かったです。
『ライアーライアー』のお話のオチが私が理解力がないのかいまいち意味がわかりませんでした。
『ありえない』はショタが攻めに一人入ってる3Pでした。中々エロくて良かったのですが、最初話がわかりにくいなーと思いました。
『ドッグス』をみて、一気に買わなきゃ良かったと思いました…こんなガッツリスカトロ入ってるって知らなかった…しかも大かよ…みたいな…食便まではなかったけどけっこうリアルに書かれててテンション下がるわ食欲なくすわ…自分スカトロダメなんだと自覚しました。
飲尿までは大丈夫だったけどさすがに大は気持ち悪い…
好きな方にはたまらないと思います。

2

食事の前後にはおススメしません。

井ノ本リカ子さんの作品はサッパリした絵柄なのに、何故に絡むシーンや局部部分はこうもリアルなのでしょうか。

艶といい、擬音といい、魅せるアングルといい、そして臭いまで漂う様です。
しかし『ありえない』『DOGS』以外はあまり記憶に残りませんでした。
短編というのもその一因だったかもしれません。

『ありえない』では子供が出てきます。
大概、大人の中に子供がいたら受けなんだろうなと思っていたのですが、その子供、攻めなのです。
しかも慣れてるし、普通に3Pだし、おまけに陰毛生えてるし。
子供といえど侮れないですね、恐ろしぃ。
汁という汁にまみれているお話です。

『DOGS』衝撃的でした。
今まで読んだBL漫画で一番衝撃的と言っても過言ではないです。
ここまで人の脱糞シーンをしっかり描く人がいたのですね。
リアルです、本当にリアル。
リアルに描かれているモノに音も付き、湯気や質感までしっかり伝わるのです。
先生(受け)と生徒複数(攻め)が電車の中で痴漢プレイをするのですが、衆人監視のあるなかでがっつり、そして場所を移してスカトロ。
この本を読んだ後に何か続き食事をしようかと思っていたのですが、一気にそんな気は消えてしまいました。
これを読みながらビーフシチューを食べる人を見てみたいですが、意外に皆さんは大丈夫なのでしょうか。

2

エロいです

短編集です。
もうちょいエロ描写が控え目ならいいのにな、ストーリーそのものは私好みだなァと思いながら読んでました。
でもそんなこと言ったらダメなんですよね、本末転倒なのは分かっております。スミマセン。
汁だくのがっちりエロ描写がたっぷりです。個人的に、エロ描写はもうちょいチラリズム的に描写してくれたほうが好きなので、そんなに萌えず。でも好きな方にはオススメです。細部まで細かく描かれてますしね。
で、ストーリーですが、ピリッとした軽い毒のあるヒネリのきいたヤンデレ風味の結末がどれも好きでした。あまあまなだけじゃない、どこかに切なさを残した結末。オチ説明のための説明をくどくどしくすることが一切なかったのもツボでした。

スカトロについては、ヒイッてなりました。
この話のオチも大好きなんだけどな。絵的な部分はもうちょい控え目のほうがヨカタ。

0

しかし、びっくりするほど修正がないな・・・

それだけ昔はBLの規制が甘かったのかなー・・・?
しかも表現がリアル。物凄い急展開で男同士のエロが発動する。
でもその表現に対して下半身も萌え脳も反応しなかったのが謎・・・

多分アレだ。「想像する余地を与えない」エロというのは
自分にはあーあー・・・と見守るだけになっちゃうのかもしれない。

あと「放牧され過ぎのオリジナル同人誌」と同じような感覚を絵柄にもっちゃった。この人に似た絵柄の人で好きな人結構いるのにな。
とにかく体というか局部のリアル感だけは凄いと思った本でした。
でもリアル感よりはエロっぽさがほしいなぁ。

1

苦手ジャンルだったハズ・・・

井ノ本リカ子さん初読みでした。あまりのエロ度の高さに度肝を抜かれました。
でも、不思議と「エロいだけ」じゃなくて、ちょっと切なかったり、オチにびっくりしたりと、ひとつのお話が短いながらも印象的でした。
・・・が、やっぱりエロ描写の印象が1番強かったりします。

個人的にはショタとスカトロ表現がダメ・・・だったハズなのに、あっさり読めてしまったことが、大層ショックでした・・・。
ショタとスカとエロが苦手でなければ、1度冒険されてみるのもありかも?

2

う~ん・・・

なんともかんとも。
井ノ本リカ子先生の作品は、初読みでした。
絵柄が自分には、あわなかったみたいで・・・

とにかくエロかった!!
エロを求める人にはおすすめですね。
最後にはスカトロ(大)がありましたし。
商業誌では、始めてみました。

ストーリーのほうはいまいちよくわからなかったです。

エロ度は抜群でした。

1

エロ以上!!!!

井ノ本リカ子さんの本なので、まあ描写的には覚悟して呼んでたつもりだったが、キターーーーーーーーッ! リアルスカトロ画に魂抜かれたった感じです。 さすがに、エロエロ好きの私でも この画は・・・・言葉を失った。SWEETより前にこんなハードをお描きになっていたとは脱帽ですvvv

1

名は体を表す。ズバリ!そうでしょう(丸尾くん風)

この短編集の表題「BODY TALK」
今まで井ノ本さんの作品に感じていたモノが一挙に明らかになった気がしました!
そうなんです、体で、SEXで会話してるんです。
登場人物達の心の葛藤とか想いとか、セリフやモノローグでたくさん綴られている作風ではないので、初めて見た時、発情してるだけって思ったのですが、この題名で目からウロコでしたよ♪

作品には、ショタ攻めがあったり、本来モザイクかかってもいいようなモノが見事に描いてあったり、ちょっとびっくりしちゃいました。
スカトロですよ、しかも車内とか、痴漢プレイ(または衆人環視プレイ)とか、、、
しかし、これは無理矢理でなくて、本人の嗜好と要望で行われているプレイでしたので。
全体にブラックをまとった作品。
やっぱり、思った。
好きだー!井ノ本リカ子!!

1

えろいー!

さっぱりした線で、美人さん(クールビューティ)なキャラが多い。
全体的にあっさりしてるのに、えろはガツン!!とあります。
モノ自体もリアルだし、結合部も描かれているので、修正ありありです(笑)

このストーリーの短さで、ここまでえろをガッツリ入れてまとめるって言うのはすごいと思う!
ショタ攻、スカトロとかもありで、人によってはエグイと感じるかも。
万人受けではないかな?と思うので萌止まりで。

2

不思議な一冊

どうしてでしょう・・・
この作品を読むといつも「切なさ」を覚える・・・。
すべての作品に、という訳ではないのですが、
全体的にそんなイメージが浮かぶ一冊。

表紙からして、爽やかというか切ないイメージを感じさせられます。
そんな思いで表紙買いしました(笑)
そしたら意外とマニアックなプレイがあって吃驚。
ですが私は平気でした^^
案の定無理矢理でないスカトロプレイなどもありましたが・・・^^;


ストーリーは少し意味を考えさせられるような、「この後どうなるのだろう・・・?」
と、疑問に思わされるようなお話が多かったと思います。
不思議な雰囲気につつまれているものが多かったです。
そしてなんだかリアリティを感じました・・・私だけ?少し変でしょうか・・・;
この本にはどんな魔法がかかっているんだ!!(笑)

表紙買いしてよかったです^^
この作品に出会えてよかったと思います。

3

巧妙に仕込まれた【嘘】とスカトロ

「Liar!Liar!」っていうタイトルの作品からはじまる短編集。
井ノ本さんの作品なんでとにかくち●こ描写がすごいんだけども
エロいだけじゃなく巧妙に仕込まれた【嘘】が小気味良かったです。

ショタ攻めとスカトロが入っているので
自分的には、かなりギリ!でした。
暴力的な行為もラストの【嘘】に救われます。

汁だくな描写ばかりですがシナリオ的にはかなりドライなんです!

1

スカだー・・・

相変わらず汁だったわけですが、井ノ本先生の作品はオチが好きですね~
しかし今回の作品の中で『DOGS』という話ではなんとスカが。
スカというか排泄プレイ…?
先生が電車で生徒数人に痴漢されて、そのままエチそして降りて違う場所でもエチ。極め付けに排泄と。
苦手な人は注意です。私もちょっと「うわあ」ってなってしまいましたw
しかし最後の1ページでびっくりwそうだったのか先生!
やはり井ノ本先生の作品はオチが好きです(笑)

他に印象に残った作品は…
『Liar!Liar!』は記憶喪失な攻めと受け。攻めの正体にびっくりです。
『ありえない』はほんとうにありえない!って展開でしたwちなみに3Pりです。
『いちゃいちゃ』は甘々というかほのぼのなストーリーで良かったです。

2

けして楽しいわけじゃないんだけど

短編集。
明るいネタっていうのもなく、シュールな雰囲気の続く一冊です。
ちょっと痛いという表現も含まれますが、全体的に丁寧に作られてるという印象を受けます。
何よりも、私の好きな、挿入部分。抜き取り部分が。
丁寧に書かれてるのが良いンフフフフッ(ノω`*)ノ
受が堪えてる顔もまた凄くそそります。
下と上との表現の置き方が凄く好みです。
絵も可愛い。


ただ、後半、スカトロシーンが含まれますので、苦手な方は見ないほうが無難かも。
もったいないけど。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ