間違いの恋

間違いの恋
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
12
評価数
3件
平均
4 / 5
神率
33.3%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784403660870

あらすじ

夜中、目覚めた俺の上にのっかっていたのは、小柄でかわいい顔の男。彼は『先輩の恋人』とやらと俺を、完全に人違いしている。ちっさい暴漢にオラオラ脅され、連れ出された夜のドライブ。まさかここから始まる恋があるなんて……!?表題作ほか、『コーカス・レース』、『虎を飼う方法』を収録したちょっと凶暴な恋を描く短編集!(カバーより転記)

表題作間違いの恋

先輩を振った男と間違われた男・柴田孝一
間違って他人を脅して攫った男・富田玲二

その他の収録作品

  • コーカス・レース
  • 虎を飼う方法
  • おまけコーナー
  • おまけマンガ

評価・レビューする

レビュー投稿数2

面白かった

ストーリーも恋愛部分もすごくよくって、読み返してしまいました。
中篇と、短編がいくつか入っています。

「コーカスレース」
これが1番最初に入っていて、ページ数が多く半分以上を占めています。が、タイトルの意味がわかりづらいからと表題作にならなかったそう。
これがすごくおもしろかったです。
施設から浩人という男の子をしばらく引き取ることになった夕樹親子。
その浩人が二重人格、というお話です。

浩人は親がいなくて、引き取られた先で虐待されていたという、重たい設定なのに、もう一人の人格の純の性格が変わっているのと夕樹親子のやりとりが楽しくテンポもよくてスラスラ読めました。
とにかくお話が面白い!と感じました。笑いありシリアスあり恋愛のドキドキあり、という感じです。

夕樹は俺様でお調子者で女好きなんですが、最初は他人を引き取ることに反対なのにいつのまにか浩人が好きでたまらなくて守りたいと思っていく様子に、初々しい可愛さと真剣な恋のドキドキを感じられる作品でした。最後のオチまでよかったです。ガッツリ恋愛ものではなく、二人はまだこれからという感じですが、これがかえってよ続きかったと思う作品でした。
BLとしてどうのというより、漫画がうまいなあ面白いなあと思う作家さんって本当にすごいと思います。

「間違いの恋」
これが1番最後に入っていますが、表題作品です。
憎い相手と間違えて他人の部屋に押しかけ強盗してしまった主人公。
謝ったものの、お詫びに(?)とその場で強姦されてしまいます。(和姦ですが)
その後、職場の上司と部下として再開した二人。
歳の差もので、完全にコメディーです。

これは明るくて、ものすごく萌えました。 読み切りなのにスッキリまとまっていて、お話も笑えます。最後のおまけが特に笑えました。
ダメな子供とそれを甘やかしすぎてダメダメ系のカップルが楽しめる作品です。

2

一寸先は闇?ツンデレを落とす方法

全体はコミカルでほのぼのしているんだけど、受けになる子にどこかトラウマや何か暗いものがある。
でもそれをうま~く攻めのポジティブ態度やヘタレでくるんで、ハッピーな気分にしてしまう。
エチもエロもほとんどなくて朝チュンだったりするんだけど、それでもBL匂はほのかにある?
萌えという部分にはちょっと遠いんだけど、物語としては、ストーリーはとても秀逸なのです!

表題は、大好きだった先輩を振った男と間違って柴田を拉致した富田だけど、先輩に電話すると、何と彼氏とヨリを戻していて、開き直った柴田に襲われてしまう。
そんな悲しい先輩への失恋を思う間もなく、富田の勤めるスーパーに柴田が店長としてやってくる。
何かと富田を構い、失敗をフォローしたり、厳しいながらも優しさを見せる柴田。
全然、恋の欠片も見えない進展なんだけど、さすが柴田!
拉致の時に襲ってしまったような性格だけあるww
富田が堕ちてくるのを待っていたなんて、、部屋に鍵を書けないで待っていたなんて、何て腹グロ(?)な奴なんだw
でも、富田に対する愛はほのかに感じられて、富田よかったね、って思った。
こうしたヤンチャ続きツンデレを落とすには有効方法だったかな?ww

『コーカス・レース』実はこれがこの本の中で一番長いお話。
どうして表題じゃなかったのかな?
二重人格モノです。
両親を亡くし、ワケアリで児童保護施設から預かることになった浩人という少年。
預かる事になった家は、猫や犬など拾って来ては面倒を見ている、大雑把で明るく面倒見のよい母親と成績が真っ赤な高校生・夕樹の二人暮らし家庭。
おどおどして笑わない浩人なのに、ある時急にやんちゃではすっぱな感じの「純」と名乗る少年に変身してしまう。
何とか浩人の笑った顔が見たいと、浩人に接し、純に理由を聞こうとする夕樹ですが、浩人には実は・・・
という、重いベースがあるのに、とにかく明るい。
それはひとえに、夕樹とそのお母さんの存在、そして夕樹が頼りにする頭のいい同級生の存在につきる。
夕樹が浩人の笑った顔を見たいという気持ちが純粋でいいじゃないですか!
彼の為に無力だけど、何かしてやれないか、真剣に悩む姿も素敵でした。
そして、浩人の変わっていく様も、「純」じゃない誰かが側にいてくれるというあったかさを表現する部分、まさに、この親子だからこそ、という説得力があって、ほのぼのさせるのです。
浩人を守る役目はもう純じゃなくて大丈夫!バトンタッチしたよ。
という結末ですが、純、何かいいキャラだったので、時々出てきてほしいかな?とも思うのですがwww

『虎を飼う方法』義兄弟モノ
しかし、後ろ暗さはありません。
猫だと思ったら虎だった!?な自分を襲った(w)男は、ある日父親の再婚相手の息子として自分の目の前に現れる。
これはヤバイと逃げる義兄を、執拗に追いかける義弟。
兄ちゃんのヘタレはしようがないよね。
それにしても猫が虎に変わると言う表現、襲い受けって事ですネv

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ