エゴイスト・ハザード

egoist hazard

エゴイスト・ハザード
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ハイランド
シリーズ
Laqia Novels ~ラキアノベルス~ (小説・ハイランド)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784894863293

あらすじ

ワンマン副社長・龍の秘書に、精鋭、小瀧が送られた。だが龍の横暴は収まらず、それどころか彼に無体な事を仕掛けてきて…!?

表題作エゴイスト・ハザード

龍 アメリカ育ちの社長代理(副社長)
小滝 秘書室一の有能秘書

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

傲慢社長と有能秘書

傲慢な社長×有能な秘書です。
途中まですごく面白かったのに、だんだん不安になってきて、最後にきてガッカリ…でした。
し、しっぺ返しがないー!

とにかく秘書受けが、わがままで傲慢な社長攻めに振り回されるんですよ。
内心で罵倒しつつも、表明上はポーカーフェイスで完璧以上の仕事をこなす受け。でも、攻めからはねぎらいの言葉ひとつない。
さらに、とある事件をきっかけにして、無理やりベッドの相手までさせられることになる。
で、どこがいいのか分からないけど、秘書は社長に惚れてしまう。

こういうストーリーの流れで期待するのは、しっぺ返しなんです。
社長がそれまでの行状を反省し後悔し、秘書に許しをこうような場面が欲しい。
あると思ってたから、前半受けがどんなに理不尽な目にあってても、ワクテカしてたのになァ。
でもなかった。
社長攻めは最後まで自信満々でいけすかなかったですよ。
秘書受けが会社をやめて、それを社長がなりふり構わず必死で追いかけるみたいな展開が欲しかったな。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ