恋の学園ホストクラブ

恋の学園ホストクラブ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
1
評価数
2件
平均
1.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
ラピス文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784829653623

あらすじ

生徒会長を兄に持つ新入生の太陽は、学園内で生徒会と対立する『社交部』別名『ホスト部』を壊滅すべくホスト部に乗りこむ。一方ホスト部は太陽の目的をしった上で「誰が太陽を堕とすか」を競い始め、メンバーたちは各々のテクニックで太陽をエスコートする。だが、メンバーのうち歴だけはなぜか太陽に冷たくて?

表題作恋の学園ホストクラブ

社交部・浮本歴(高二)
生徒会長の弟・世良太陽(高一)

評価・レビューする

レビュー投稿数2

明るくてポップ

 生徒会長である月夜を兄に持つ新入生の太陽は、学園内で生徒会と対立する『社交部』、別名ホスト部に乗り込むことにした。
 それというのも、ホスト部の面々は、生徒会主催の行事をサボったりしていて、またその取り巻きたちも彼らにつられて行事をおろそかにしていたのだった。
 その行為は太陽にとっては生徒会長である月夜の評判を下げるためにやってる行為にしか思えなくて、月夜に止められるのも聞かずに、内緒でホスト部に侵入部員として入部希望をした。
 一方のホスト部の面々は、太陽が月夜の弟であるということを知っていたため、太陽の目的をおおよそ知った上で、「誰が太陽を落とせるか」と競い始める。
 メンバーたちは賭けの商品であるクルーザーを目指して、各々のテクニックを駆使して、「レッスン」と称し、太陽をエスコートするけれども、どういうわけだか、メンバーのうちの一人である歴だけはなぜか太陽に冷たくて――

 という話でした。
 実は歴が太陽に冷たくしたのには、ちゃんと理由があってのことなんですが、そんなことを知らない太陽は、そんな歴に腹を立てる。
 けれど、自分には冷たいけれど他の人にはちゃん続きと優しくて、フェアな歴の姿を見ているうちに段々と歴に惹かれていって――という感じで。

 まぁ、BLの定番といえば定番ですかね。
 みんなが優しくしてくれるなか、一人だけ自分に優しくしてくれなくて、そいつを振り向かせてやろうと必死になっているうちに、気づいたらこっちが好きになっているパターン。
 BLというより恋愛モノの王道中の王道ですが。
 歴の性格にいやみがないので、あまり気になりませんでした。

 幸せで軽めでポップなBLを読みたい方にはオススメします。

0

ホストクラブ潜入

ホストクラブとタイトルにつけるのなら、もっとホストクラブっぽい活動があると嬉しかったです。
そんなクラブに潜入する元気受けと、メンバーの中でも大人で真面目な攻めとの恋の話です。

社交部・浮本歴(高二)硬派攻め×生徒会長の弟・世良太陽(高一)元気天然ヤンチャ受け
生徒会長の兄を持つ太陽は、入学式を堂々とサボったりする社交部(別名:ホスト部)が気に入らない。
ホスト部の中に自分が入って兄の為に、そんな部を壊滅してやると誓って乗り込むのだが、部員達は冷たくて。
モテるようになる方法を知りたいと必死に頼み込んで、ようやく入部が許される。
太陽の目的を知っている部員達は、太陽を誰が落とすかと賭けをしたので、それぞれ太陽を口説きはじめて。

総受け、総モテ展開が好きなのですが、期待していたものと違いました。
ホスト部への潜入も、別に兄に言われた訳ではなく、自分勝手な思い込みでの潜入で、太陽の行動が空まわりしていた気がします。後先考えずに勢いだけの元気受けというのが、苦手です。
学校でホストクラブというタイトルだと期待してしまうと思うのですが、部としての活動も少なかったし、続き心弾む面白さがなかったです。
スピンオフシリーズの「恋の学園エゴイスト」を先に読んでいたので、それ以上の面白さを望んでいたのも点が辛い理由かも。

エロ:★2 最後に初H
総合:★2 縁×律が好きで目が厳しいのと、受けのキャラが苦手でした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ