何でやねん!1

nandeyanen

何でやねん!1
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神9
  • 萌×23
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
67
評価数
16件
平均
4.3 / 5
神率
56.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784403520891

あらすじ

相川仁は苛立っていた。
高校入学以来毎日、ある男に漫才の相方になってくれとつきまとわれていたのだ。
かつて言葉のいじめにあっていた仁は、人に笑われるのが大嫌い。
だがその男・土屋来は、仁がどんなに冷たく断っても諦めなかった。
「笑われるのは怖いことやないよ」不思議な熱を込めてそんなふうに口説く土屋に興味を持ち始めたある日、仁は当時のいじめの主犯格・福島と再会し…。
青春漫才ラブ×バトル。

表題作何でやねん!1

土屋来 高校生
相川仁 高校生

その他の収録作品

  • これが男の生きる道!
  • マイスイートハニー!

評価・レビューする

レビュー投稿数5

関西弁がこんなにハマるとは…

びっくりです。

大阪で関西弁で(当たり前じゃ!)漫才からんで。
そんでもってBL話とは、脱帽。

相川くん、子どもの頃のトラウマで笑われるのが大嫌い。
土屋くん、そんな相川くんに惚れて「一緒に漫才やろ」って言ってくる。
普通はそこで「しつこい!」バキッドカッゴスッ!ですよね?
でも相川くんはボクシングを習っているから殴らない。
シッシッと追い払うだけ。

土屋くんはいい男でんな~。人の中身をサクッと読み取る力もある。
相川くんは実はナイーブな子でした。
トラウマの原因から逃げ出さないで見据えろ、と言ったのも土屋くん。
それに答えて正面から乗り越えたのは相川くん。
いいコンビじゃないですか。

それといい味出してたのが共通の友人新田優勝くん。
脇キャラにしとくのがもったいないです。
土屋くんの妹に振り回されたときも、彼のおかげで救われたし。

Hシーンは可愛い感じでしたが。
コレで良いと思いました。

とにかく、二人ともものごっつおっとこ前で、荒削りで、おもろかった。

と、なります。

0

惚れます!

これはとにかく、惚れちゃいます!
誰にって、……誰だろ?もうセットで!

土屋の包容力と天真爛漫さは良いし、相川の男前具合は鼻血必至だし。
主役の2人じゃなくても、親友も良いし、その弟も無駄にカッコいいし!
この本の中に、誰でも一人は好みのタイプが居るんじゃないかな……、って感じで、魅力的なキャラ満載でした。

で!!!
何が良いって、絵!!!
山田ユギさん最高っ!

この本は、私がBL小説作家さん新規開拓をしていて、「とりあえず山田ユギさんの挿絵の本を読み漁ろう」と手に取った本です。
初めての久我さん作品だったのですが、今でも久我作品の中で一番好きなシリーズなので、幸せな出会いだったな……、と思っています。

これ漫画で見たいなぁ。
ボクサーパンツで上半身裸で汗の滲んだ相川とか、山田ユギさんの絵で見たらそれだけでお腹いっぱいになりそう……。

『月も星もない』のシリーズまで、一気にユギさんで漫画にして欲しい。
アラフォーの相川とか、絶対色気ムンムンのはず!
土屋は……、あれ?全然かわんない気がする(笑)

評価は「萌」と迷ったんですが、初めて続きの久我作品に出会えた幸せも込みで「神」です(笑)

3

大阪弁だからこそ

幼稚園の頃から、将来の夢はただ一つ
「夫婦漫才!」
の土屋と、
そんな土屋に、なぜか一目惚れされてしまった、笑い嫌い相川。
お話は、この二人が、それぞれ過去のトラウマを乗り越えて、
漫才の相方として、
恋愛の対象として、
結びつく。
そんな直球青春ストーリー。

この第1巻に書かれているは、高校入学して二人が出会い、漫才の相方となり、そして、進路として、はっきり漫才を職業に思い定めるまでの2年間。
MANNZAIというと、某有名な匂い系児童文学作品があるけど、
こちらの方が高校生が主人公な分、いろいろ主人公達の葛藤も深みがあるかな。

0

大阪弁の威力!

久我有加先生の作品は、「ちるちる」のQ&Aで薦めていただいたものです。
最初、高校生×高校生?;と、しりごみしてしまったのですが、読んでみたら良かった!もう何度も読みかえしていますv

高校生の相川仁(あいかわ・じん)は、同級生の土屋来(つちや・きたる)に「なあ、相川。なあなあ」と犬のように懐かれて、「漫才の相方になってくれ」と毎日迫まられています。「もうついてくんな!」とすげなくしても「ええやんか~」と間延びした調子でまとわりつかれているのですが、
でも相川は漫才なんて嫌だ、「笑われることがいやだ」、と思っている。それは何故なのか。

作中、鍵になるのは相川のトラウマです。小学生のころに転校して、関西弁を「嘲笑される」といういじめに遭い、年月を経ても『笑われるのが怖い』。
それに対して土屋はいいます、「(漫才は)笑われることやないねん。笑わせるもんなんや」「…せやから、怖いことないねんで」。土屋は事情を知らないままに、相川の感情に気づいていたんです。

ようやく心を開きはじめる相川、でもそこへ昔のいじめの主犯格だった福島千春が現れる。そればかりか、福島は土屋と親しく続きしていて。
柔らかくなりはじめていた相川のこころは、恐怖と怒りに固まってゆきます……。

-----エピソードは決して劇的ではなく、日常の範囲におさまる感じです。
しかし、端役までも生きたキャラとして描かれているので、心情に説得力があり、飽きさせません。

そして。Hのシーンでは受けだの攻めだの、手順だの、考えていませんっ。
「おまえに、触りたい」「俺のこと全部、触って欲しい」---告白の直後に直球です!
技巧のなさが青春や!青いで、そして熱いでーっ!
そして事後の受けの「…痛かったんもお互いさんやろ」って発言、オトコマエ!カッコエエー!

土屋の相川ひとすじな様子も、読んでいてもシアワセvでした。
たとえばこんなセリフ。「そんでもな、俺、相川とずっと一緒におりたい。…」朴訥で、真情がこもった響きに感じる。大阪弁の効果でしょうか?
ヘタレな攻めと、性格がオトコマエ(でもキレイ)な受け、実に意外にヨカったです!

2

漫才バンザイ

のちにカリスマとして若手漫才師の憧れの星になる、漫才コンビ『バンデージ』の高校時代の話です。(『月も星もない』等で)
漫才が主題ということで、コメディ色の強いドタバタな作品になってるのかなと思いきや、意外や意外、受けの過去の笑いに対するトラウマを中心とした話で、コミカルではありますがドタバタではありませんでした。
面白かったです。

主人公の相川には、関西弁を理由に笑われイジメられた過去があり、笑いに対してトラウマがある。
なのに、同級生の土屋から毎日のように漫才の相方になってくれと頼まれて、苛立つ日々を送っている。
相川は、土屋によって笑いへのトラウマと向き合い、漫才の道へと進むことを決めます。

漫才をテーマにしてると、関西弁は自然で生きますねぇ。
しかしリアルに人気漫才コンビでホモカップルって、バレたら大変なことになるんだろーなw

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ