チャレンジャーズ 3

challengers

チャレンジャーズ 3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
12
評価数
6件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~(コミック・海王社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784877243517

あらすじ

数々の苦難を越えてついに気持ちが通じあった黒川さんと巽くん。次に来るものといえばもちろん×××のはずなのですが…。
(出版社より)

表題作チャレンジャーズ 3

大家さん兼恋人 黒川貢 リーマン
下宿人兼恋人 巽巴 大学生

同時収録作品あるいは もしも 前編・後編

森永哲博
巽宗一

その他の収録作品

  • DUEL!
  • バッシング×パブロフ
  • フリートーク

評価・レビューする

レビュー投稿数4

暴君

ドタバタラブコメディーです
ドタバタ度が今3巻にて炸裂しているようです

弟カップルの方はエッチがうまくいかなくてお悩み中
そこでまわりがワンワンかき回してくれます
そして今回も受け様のお兄ちゃん登場です
読んでいるこちらがドン引きするぐらい暴君でびっくりしました(;´Д`)
自分勝手でツンツンすぎたお兄ちゃんに振り回されるのは
ドタバタ劇で面白いと思いますが
私の萌えには響きませんでした

弟カップルの攻め様にももう少し落ち着いてほしいかなw

0

う~ん、可愛いんだけど。

まさに朝チュン漫画でした。このころのBL漫画ってそういうものだったんでしょうか?いえ、私は漫画でのあまりにも露骨なH描写は勘弁なんですが、それにしてもこれじゃあんまり足りなさ過ぎる・・・描写の有無よりも、『Hしてる』という事実が、『しました』という言葉以外から一切窺えないんですよ。

まるきり少女漫画テイストの王道で、すごく可愛くてキュンキュンするストーリーなんですがそれが悪いんではなく、なんというかこの『ノリ』について行けなかった感が。

ラブコメディというよりも無理矢理の強引なギャグ風味が、ちょっと合わなかったかな~という気がしました。1巻のレビューにも書きましたが『ドタバタコメディ』というのがピッタリな感じですね。

しかし、この当時から宗一(巴の兄・『恋する暴君』の受)が人気だったようで、宗一CP編が前後編で入ってます。圧倒的少数派なんでしょうが、私は森永(宗一の後輩・『恋する暴君』の攻)はまだしも、宗一にはまったく魅力も興味も感じませんでした。

もともとBLの受に対する許容範囲は異様なくらいに広い私ですが、数少ない例外が『ツンツンし過ぎ』『口の悪い』続き受なので、両方にそのまま当てはまる宗一はものすごく苦手・嫌いなタイプのキャラクターなんです。森永は結構好きなんですが。
ですから、『暴君』CPメインのストーリーが入っている分評価は目減りしてます。

もしこれを新装版リアルタイムで読んでいたら、たぶんスピンオフになる『暴君』は読まなかったんじゃないかな。実際には纏めて買ったので読みましたけどね。

1

恋する暴君 ストーリー

 
チャレンジャーズのカップルが超苦手な私。
なのにこの本はお勧めです。
いや、「恋する暴君」好きの方にお勧めですw
なので、チャレンジャーは・しゅみじゃない
そして、暴君ストーリーは・萌      評価というのが本当のところですw

子供っぽい巽くんと、オドオドしている黒川くんがニガテなので
暴君カップルのお話だけレビュー(^^;

タイトルは「あるいはもしも」。
ちゃんと前編、後編 とガッツリ入っています!!!

ちょっと昔に描かれたそうなので、今の「暴君」絵とは
ちょっと違うんだけど、そんなのは全く気にならないです。
面白さは今の高永ストーリーと変わらずです!

面白い部分からせつない部分までしっかり盛り込まれていて、
読み応え十分です。

0

磯貝もイイ!

『恋する暴君』で活躍するキャラたちが愛しくて仕方ないこのシリーズ。
『恋する暴君』の三巻で宗一にドラえもんを歌わせたあの磯貝も、ずーっと活躍してるんだよね。
森永の初告白から、森永と宗一のファーストキスの場面まであって、たまらん一冊でございました。キスシーン、めっちゃ萌えた~。
そうそう、『暴君』で森永をエンゼルくんと呼んで毎回のように相談相手をしてる飲み屋のママさんもすでに登場してます。

主役カップルはついにエッチにこぎつけます。
が、朝チュン!!(涙)
高永ひなこさん、この頃は濡れ場が苦手だったのかなァ。
あまりの朝チュンっぷりに、ガックリ涙が止まりませんw

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ