夜と昼。そして夜

夜と昼。そして夜
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
2件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
Charade books(小説・二見書房)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784576951850

あらすじ

思いがけない事件に巻き込まれ、秘密の暗殺組織のメンバーとなった男娼、諒。彼がそこで出会ったのは・・・彫りの深い美貌、妖しいまでの色香を放つブルーグレイの瞳、玲瓏と響く声ー。そのすべてが美神としか言いようのない、生まれながらに他人を傅(かしず)かせる星を持つ男、カイゼル。組織のリーダーであり、また、ジゴロとして「闇の帝王」の名を恣(ほしいまま)にするこの男との出会いが、諒の運命を大きく変えた。魅了され幻惑されるまま・・・諒はプロの殺し屋へと訓練されていく・・・。

表題作夜と昼。そして夜

カイゼル,秘密の暗殺組織のリーダー
諒,事件に巻き込まれた男娼

その他の収録作品

  • 夜が明けるまで
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

わからない……

 えーっとすみません。
 全く理解できない……。

 というか、諒の気持ちはわかるんです。結局のところ、諒がカイゼルを好きで好きで好きでたまらない、というのはわかるんですけど!
 一方のカイゼルの気持ちがさーっぱり、わからない……。

 何でこう、素直に好きなら「好き」って言わないのか。
 というか、あれだ……。

 抱いたのに、抱いた記憶を諒から奪ってしまうなんて、一体なんでなのか……?
 もう、よくわかりません……。

 おかげで、甘い気持ちにもならず、切ない気持ちがます一方で、切ないなら切ないで、ずっと切ないままでいてくれたら構わないのに、中途半端に悲しいから、もう「うわーーーーーーー!」って気持ちになりました(苦笑)

 難解な本読んでる気持ちに個人的になってしまいました。
 理屈なんてどうでもいいから、突っ走っちゃえばいいのに……って。

 でも、あれかな? これ、シリーズなのかしら? だったら、それはそれで、今後に期待できる……かな?

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ