熱愛

netsuai

熱愛
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌4
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
27
評価数
11件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
笠倉出版社
シリーズ
クロスノベルス(小説・笠倉出版社)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784773002812

あらすじ

成績優秀で綺麗な日浦は、小学生の時、ガキ大将だった佐津に乱暴された過去を持っていた。
五年後、佐津は日浦を追って同じ高校へ入るが、日浦は佐津を許さなかった。
二人の立場は逆転し、激しい怒りをぶつける日浦に対し、佐津は優しい愛情で受け止めようとするが…。
燃え上がる恋の行方は…!?波瀾の愛憎劇。

表題作熱愛

佐津 高1
日浦 高1

同時収録作品夢にまでみた

佐津 ガキ大将(小5→中1)
日浦 東京からの転入生(小5→中1)

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

執着・・・

ショタは基本的に苦手なんですが(というよりまず読めませんが)、これは好きなんです。とはいえ、通して読んだのは最初の1・2回くらいで、中学・高校編だけ何度も読み返してるんですけどね。やっぱり小学生はちょっと・・・

しかし、最近の作品からは想像もつきませんが、このころの渡海さんってショタアンソロジー専門雑誌(そんなのあったんだ・・・時代背景もあったんでしょうね)に継続的に載ってたようですし、ショタ作家の位置づけだったんでしょうか。
でも、この作品(の雑誌掲載部分)は小学生ですが、他のショタアンソロジーの作品はほぼ中学・高校生です。あとがきには『ショタじゃねえ!って言われてた』ようにありましたが。だから私も読めたんですけどね。
私は確かに『いかにもショタ!』はダメなんですが(でも中学生は違う・・・よね?)、このころの渡海さんの作品は好きなものが多いんです。

内容ですが・・・渡海さんの学園もののパターンから外れて、爽やかさはないです。ええ、これっぽちも。ドロドロ・重~い系統ですね。もうかなりイタタタ!です。でも私は好きなんですよね(ドロドロだからではありません。むしろ苦手要続き素ですから)。

私は、まあBLのパターンの一つですが『子どものころ攻が受を苛めていた』という場合、攻が反省もなく『好きだから』を免罪符のように平然としてるのがとにかく気に入らないんです。
その点、佐津(攻)はもうこれでもか!というくらい過去の自分の所業を反省し、日浦(受)に詫びているんですね。
この作品は『苛め』なんてものではすまないからというのもありますが、攻がここまで真っ当に『自分のしでかしたこと』と向き合うのってあまりないですね。

ただ、この作品の場合、攻が項垂れてることに対して溜飲が下がるというのはなかったです。日浦が静かに歪んでいるというか、病んでるので(佐津もか?)、反省したからどうということではないんですよ。
お互いに、もう言葉にならないくらい依存し執着している。とにかく、この執着具合の描き方がすごくよかったんです。

自傷もありますし、人によっては『痛い話』になるかも、と思いました(私はそうは感じませんでしたが)。

どこが、と言われると困るんですが、なぜだかすごく好きなんです。私の好みだけで判断するなら、もう『神』に近いですね。

1

「熱愛」ってほどじゃないかな

少女小説家としても有名な渡海さんですが、これはショタアンソロジー掲載作品
手広いですね~
男性向けアンソロだったのかな?BLとは何だか違う感じがします

埼玉がモデルの作品
埼玉生まれの私は、他県の人が考えるよりずっと田舎で若干閉鎖的な埼玉県が良く書けてるなと思いました

リストカットシーンがあるので注意

0

切なくて痛い。

 この人の話で、以前、きゅんと来すぎて悶絶した事があるので、今回もかなり期待して読んだんですが……。
 正直、きゅんとはできなかったかなー……という感じでした。

 佐津の通う学校に、綺麗なイントネーションを持つ、成績優秀で美しい日浦が転入してくるが、そのことが原因で、日浦は仲間はずれにされてしまう。
 そして、日浦が再び転校する日、佐津は日浦を引き止めたくて、乱暴してしまう……。

 五年後、佐津は日浦を追って、同じ高校へ入るが、二人の関係はもう歪んでしまっていて……

 というような話でした。
 どっちかっていうと、昼ドラみたいなどろどろ系のような気がします。登場人物が若いだけ、その要素はちょっと低くなるけど。

 だけど、なんだか、日浦の気持ちとかいろんなものが痛くて、痛くて……。
 物語に「きゅん」ってするよりただひたすらに切なくて、哀しかったです。

 まぁ、それだけ、登場人物に思い入れが強くなってた……ってことなんですけど。

 ただ、再会した後の日浦の行動とか……なんかもう、めちゃめちゃエロかったような気がしたりもしました。
 そういう描続き写事態が多いとかじゃなくて、その行動をとってしまう日浦がどうしようもなく哀しくエロいのと。
 背徳感とか、後悔する感じとか……そういう要素も含めてエロかったです。

 なんか、きゅんとはしなかったけど、いろいろずしっとはのっかってきたような感じはしました。
 ずっしり重い小説を読みたい人にはお勧めします。

0

愛情の裏返し

あらすじが気になって読んでみましたが、私はハマりませんでしたね。

ぶっちゃけ、ふーん2人も頑張って…ね。的な感想をw苦笑
小・中・高のお話が入っているんですが(中学生の話は短い)、中学の話はいるのかなー;
別になくてもいいような…。

受けの愛憎というか、まあどっちも不器用というか、うん。
でも、萌える部分はありました。鏡プレイとか、日浦と佐津の行動とかw
その2人に巻き込まれた国見先輩は、乙!\(^O^)/

しかし小学生のときに日浦を犯してしまった佐津ですが、小学生でかぁーとか思ってしまいましたね。
まあ盛りたいんでしょう!そのくらいの男の子は性欲が強いだろうしw

私の好きな幼馴染で学園ものでしたが、私の好みストーリーではありませんでした;

1

美少年

話は小5からの始まりとなっています。
数年経て高校生になったところから、ストーリーが展開していきます。

受は美貌&剣士ということなので、部分部分で萌えを感じることができると思います!
一方攻めは、受けが好きで好きで仕様がない・・と言ったところでしょうか笑
ともかく攻めといい受けといい、愛情の裏返しな感じです。
現実的にありそうな話なので、飽きることなく親近感が得られると思います。

同級生、幼馴染好きの方にオススメです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ