どうして涙が出るのかな

doushite namida ga deruno kana

どうして涙が出るのかな
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神9
  • 萌×24
  • 萌8
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
87
評価数
23件
平均
3.9 / 5
神率
39.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
ルチルコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784344804173

あらすじ

フツウの中学生、泉谷はイケメン同級生の早川に突然キスされる。大混乱する泉谷を置いて早川は突如転校してしまうが、二人は高校で再会。別れと再会を繰り返す内に泉谷の気持ちに変化が…。ルチル掲載時のものに大幅加筆修正して登場!

表題作どうして涙が出るのかな

中学時代の同級生
中学時代の同級生

評価・レビューする

レビュー投稿数8

うーん……

好きなんです、大好き。
山田ユギ症候群になっている訳ですから、大好きなんです。

でも、全然ストンと来なかった。

表題作丸々1冊のお話。連載だったのですね。
プロローグとエピローグは描き下ろしだとか。凄い!!

大人しい早川と、ガキくさい泉谷の中学からのお話。
とーっても可愛い美人な早川。ガキ臭いけど何だか憎めない泉谷。
そんな泉谷に、早川は恋をします。

それで、高校に上がり、大学生になり。
美人だった早川はモデル→有名俳優になるんですが、ずーっと泉谷を追い掛ける。

でも、何で逃げちゃうかなー…
怖がり過ぎて、泉谷が近付きたくても近付けられないんですよねぇ。
コッチがやきもきしてイライラして、早川の性格が好きになれませんでした。
最後はめでたくくっつくけれど、「ようやくかい!!」な気持ち満載。

何だかなー、素直に「コレ好き」って思えなかったのが残念。
ユギさん作品なだけに……萌えられない自分が悲しい。

0

幼馴染の長~い道のり

ひたすら神に近い萌x2です。
読後の第一声・・・流石山田ユギさんだわ・・・
全ての登場人物達がそれぞれの存在をしっかり樹立して読ませてくれるお話です。
それぞれのキャラがそこにいないといけないという。
主人公2人も魅力的ですが、脇を固める人物たちもみんなキラキラ輝いてました。
主人公たちについて言えば、カッコ良くて女の子にもモテモテの早川君が、ひたむきで一途なのに不器用でいつも肝心な時に一言足りないところがヘタレなんだけど、可愛くて愛しかった。
それに振り回される泉谷君は可哀想なんですけれども・・・あっ、でもそうやって自分の事を無自覚ながら泉谷君に焼き付けてる早川君は、この手で成功してるといえばしてるのか・・・(笑)。
あと、硬派の男、滝口がカッコイイ・・・こういう硬派なかなかお見かけしないので貴重かな。
切なさの中に笑いも適度に取り混ぜて、キュンキュンしたい時にも笑いたい時にもお薦めの作品です。

0

早川クンのヘタレの歴史(笑)

面白かったです!

どこからどう見ても両想いなのに、なぜか離れてしまうふたり(というか、早川クンがヘタレて逃げ出しちゃう(笑))
早川クンに去られる度に落ち込んで、忘れようとしても忘れられない泉谷クンをいつの間にか全力で応援していました。

それにしても、早川クンのヘタレさと言葉の足りなさにはびっくりです(笑)
泉谷クンはよく耐えたな~と感心いたしました。(私にはムリです・・・)

ふたりの周りの人たちも、みな魅力的でよかったです☆

もどかしかったですが、とても楽しく読ませていただきました。
おススメですよ!

0

やっぱりそれは愛のせい★

笑って、キュンとなって、最後に涙涙涙...
10年以上の月日をたった一冊におさめていて、1時間もかからず
読み終えたはずなのに、1話を読んだのが何時間前だろ?って
思うぐらい濃厚なお話でした!
一人称がポンポン変わったりして今何歳の話?どこの続き?って
ちょっとややこしくなることもありましたが、
それを確認するのももどかしくなるぐらい続きが気になって×2
久しぶりにガッツきながらマンガ読んでました。
相変わらず手抜きな絵もバンバン出てくるのはユギさんらしいね...

1~2話・・・とにかく、かわいいのなんのって~!!
初チューもかわいいけど、その後もチュッチュ、チュッチュ、
ひたすらチューの嵐!
ギャー最後のチューかわいいし、早川その顔はエロいよ...
そんな美少年早川が1年半でヤンキーになってる~!!
小栗のドスドスといい、ボーリングといい、笑いのセンスもサイコー!
なのに、最後の手紙でしっとりさせつつ、オチは笑いでシメる。
素晴らしい構成だわ...

3~4話・・・ヤバイよ、小栗と滝口&竹脇!
主役食ってるんですけど、あなたたちのキャラww
続き
特に竹脇さんナイスだわ~♪
滝口ゲット出来るのも時間の問題っぽいし、この2人のエチ見たひ...

5話でやっと泉谷も早川への恋心が湧いてきましたねぇ~
本人無自覚ですけど...
確かに、こんなかわいく泣かれちゃ早川でなくとも
「どうすりゃいいのさ...」ってなります。
久しぶりに見れたチューシーンがやけに色っぽかったよ~
泉谷からしたたった1回のチューの方がキュンとするんですけどね~ww

6話・・・早川よ、どんだけ泉谷のこと好きやねん!?
純粋過ぎて、かわいくて、たまらんwww
早川の頭の中で辱めを受ける泉谷の絵...ここに持ってきますか!?
萌えたり、キュンとなったり、切なくなったり、笑ってみたり、
しごきっこしたり、目まぐるしいけど、なんだか成長した2人に
ホッとしました。

7~8話・・・ますますフェロモン撒き散らしまくりの早川も
さることながら、某イケメン俳優と同じ名前のおぐちゃんも
イイ男になったねぇ~
恋煩いですっかり弱くなった泉谷にもキュンとくるものの、
早川ってば、なんて花の似合う男なの~!?
そんなイケメンブラボーなシーンでも、きっちりオトすユギさんです。
またしても早川の手紙にホロリとさせられ、
泉谷のセリフに泣かされ、ラスト2人が抱き合うとこなんて
何度読み返しても涙が溢れ出てくるよ~!!

エピローグで念願のエチしてくれておりますww
リバ設定らしく、全プレ小冊子で逆バージョン(泉谷×早川)
描いてるそうなんですが、はぅ~これ読みたすぎる~!!
この2人のリバ読めた日にゃ、この世に思い残すことなんてないさ!
ぐらいに素晴らしい作品でした!
って、こんなレビューの書き方していいのかしら??
ネタバレしまくりで、ひたすら萌えポイント書いてるだけな気が...

0

すれ違い

片思いとすれ違いの話。
今回短編集じゃなくてこれ一冊で一つのお話です。
見た目キラキラしい泉谷は中身がヘタレというか乙女?時に押せ押せな行動に出たかと思えば怖くなって逃げて、泣いちゃうそんな攻(暫定)
小学生で出会って、中学生で告白して逃げて、高校で戻ってきてまた逃げて、一体どこまで繰り返すのと思いつつも目が離せない。
なんだかんだ泉谷が男前なのも楽しいです。

個人的に蓮と茂雄の話をもっと見たかったな。

0

山田ユギさんの作品で

1番大好きです!
人が苦手だった早川が、転校目前に気になっていた泉谷にいきなりキスをする。
距離が縮まったと思えば、離れ、離れてはまた急接近して離れていく。
それにもものすごーくハラハラさせられました!
接近していく様子もじっくり描かれていて、早川がうぶで友情と恋愛の区別がなかなかついてなかったのにキスしちゃってたんだ!というエピソードや、ホモじゃない!といいつつも早川に惹かれていく泉谷の気持ちと両サイドから楽しめます。
切ないのだけど、それだけではなくちゃんと2人が幸せになるっていう、とってもほっこりするお話でした♪

0

幼馴染みモノの名作

中学時代、早川が泉谷にしたキス。それがすべての始まりでした。
別れと再会を繰り返し、キス以上のことにはなかなか至らず、気持ちをはっきり伝えあうこともなく、もどかしいすれ違いのなかで、時間が流れていく。
魅力的な脇役、魅力的なセリフまわし、作中に流れててるあたたかい空気感、せつなさ、山田ユギさんらしい素敵な作品でした。

1

コレはオススメ

仁史は、小学生の頃、いじめられっこだった。中学になっていじめはなくなったが、友達は一人も出来ないでいた。
そんな、仁史の回想から話は始まります。
なので、メイン仁史で話が進むものかと思っていたわけですが、違いましたね。むしろ、襲われ系男子泉谷君メインでした。

仁史は、中学にはいって、朝通学する同級生2人を毎朝窓の外から眺めています。
2年になり同級生になった二人。
泉谷は、背の小さな明るい男の子だった。
仁史は思う。「あの子と友達になれたらどんなに楽しいだろう」

で、唇を奪います。
「この気持ちはなんだろう・・・・」⇒「そうだ、俺泉谷が好きなんだ」

・・・逆じゃね??
おもろいけど。

それ以降、仁史は事あるごとに泉谷の唇を奪います。
常にテイコー&暴力(笑)
しかし、その真剣な表情に、だんだん泉谷も拒めなくなっていくと。

そんなある日、仁史は一枚の手紙だけを残して、突然なにも言わずに東京へ引越していきました~というのが最初。

切ない系~~そっからやね。泉谷君の苦悩の日々が始まるのは。


とにかく、付いたと思えば離れる。
続きれたかと思えばまた・・・・という。
思わせぶりなところを見せておいて、また崖の上から突き落とされる。みたいな。
またかよ!とツッコミを入れつつ。
すごく涙ホロリな作品だったりします。

ドラマCDも含めて名作だと思いますので是非

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ