最強総理

saikyou souri

最強総理
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
18
評価数
5件
平均
3.6 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
心交社
シリーズ
Chocolat comics (ショコラコミックス・心交社)
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN
9784778100063

あらすじ

ニッポンに超キュ~トな総理が誕生した!! 愛らしい容姿に純粋無垢な心。 通称‘相ちゃん総理’は、容姿の愛らしさのみで秘書の英理人筆頭に 反対派の政治家や国民を虜にしていく。外交問題も笑顔ひとつでOK! 相ちゃんと英理人のラブラブエッチも満載!

表題作最強総理

佐倉英理人(総理大臣秘書)
須藤相国(可愛らしさだけで総理大臣に)25歳

その他の収録作品

  • 最強総理 第1回~第4回
  • 最強総理 『愛されちゃうワケ』秘話
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

ラブリーは日本を救う!?

新也さんの『最強シリーズ』の総理編です。何もできないおバカさんだけど、可愛さでは誰にも負けない25歳の最年少総理が日本を救うお話です。

この総理の相ちゃん、25歳とは思えないラブリーさで、日本中の人たちに愛されます。外交も、景気問題も、何の心配もいりません。相ちゃんのラブリーさで、勝手に上手い具合に事が運びます。

これぞ新也さん!という期待を裏切らないギャグと展開に、あっという間に新也ワールドに引き込まれます。特に、A国総理秘書トニーの、全裸に貝殻で決めポーズをしてた姿に吹き出します(笑)
そして、ますますギャグ度が上がる2巻に続きます。

1

「萌える」というカテゴリにおいては最強レベル

この本・・・手に入れたはずなのに相ちゃん総理同様どっかに迷子になってました。
あー良かった、やっと見つかった。

小学生のように可愛らしくてアホで、それでも魅力たっぷりな相ちゃん(でも25歳)
周りを振り回す(特に真面目であればあるほど)パワフルさは
「まさに新也美樹」としか言いようのないキャラクタ。

そこにオジサンたちは孫を愛でるような体裁で次々落ちていくし、
若い議員たちも歪んだ愛情をぶつけてきたりするのです。

そんな相ちゃんの秘書をベテラン議員に押し付けられた苦労人佐倉。
とんでもなく実力者で、相ちゃんの格の一端を担いながら、
可愛いけどアホに見えて本当にアホである相ちゃんの言動に先が見えるだけに
佐倉は不安に思い、時には90度腰をひねる「新也ポーズ」を決め、
そして時々は愛情をこめて相ちゃんを思いっきり犯すのです・・・w

どの話も萌え萌えですがやはりA国総理と渡り合う話が好き。
A国のニック総理は美形だし、その秘書兼愛人であるトニーは相ちゃんとは違う意味での可愛い男の子(だが大人だ)であるのです。
そのトニーがニックを惑わす相ちゃんにギ続きリギリと嫉妬し、あてつけに佐倉を落とそうする様子。これも萌えます。この子、いい当て馬だよな。

・・・とにかく見つかってよかった。

2

相ちゃん総理、誕生です。

古本で購入しました。

とにかく相ちゃんが可愛らしかったです。
漫画に登場する人たちほどではありませんが(笑)、
子供向けのテレビ番組をこよなく愛し、
佐倉さんとの約束を守り抜く姿が健気で
可愛らしかったです。

佐倉さんの苦労や努力に感心しました。

A国大統領の秘書、トニーが良い味を出していました。

相ちゃんの本をちゃっかり出版していた室田先生が、また何とも(笑…)。

今回の評価は「萌」と「萌×2」で少し悩みました。
続編の『最強総理 2』と区別するため「萌」にしようと思いましたが、
相ちゃんの可愛らしさに負けて(っていうわけではないけど(笑))、
区別するのもどうかと思い、続編と同じ評価にしました。

1

愛らしさ最強の総理大臣

容姿の愛らしさのみ(←ココ重要)で、国会議員、そして総理大臣の地位に上り詰めた相ちゃんと、彼の敏腕秘書佐倉のラブコメです。
期待を裏切らず、ありえない設定・ありえない展開で笑わせてくれました。
天然で泣き虫、でも頑張り屋(たいてい方向性は間違っている)な総理と、知的で冷静、時々変態な秘書の組み合わせが面白いです。
総理は、驚異的な愛らしさで、国会議員のおじさまや外国の大統領まで、ばったばったと見方につけていくのですが、この脇キャラたちが強烈。まともなキャラが一人もいませんけど…っ!

テンポも良いですし、ギャグも満載。
しょーもないおバカっぷりを堪能したい気分の時にオススメです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ