彼の肖像

kare no shouzou

彼の肖像
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
33
評価数
8件
平均
4.1 / 5
神率
37.5%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784403660924

あらすじ

実家で金目の物を物色していた夏樹は、泥棒と間違われて画家である母親の弟子、麻生に取り押さえられる。母親のお気に入りの麻生は、ゲイナイトでスポットライトを浴びて踊るもうひとつの顔を持っていた。そして仮面を脱ぎ捨てた麻生は夏樹に襲いかかる……!!描き下ろしを含む4篇を収録した、人情味あふれる西田印メンズラブ。

表題作彼の肖像

黒河内夏樹 売れないイラストレーター
麻生春之 日本画家の卵

同時収録作品誰がために

猪瀬 高利貸会社社長
山崎 部下

同時収録作品隣の部屋で/隣でヘアが

市川 会社員
五十嵐 同僚

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

なんかいいなぁ

評判のいい作家さんなので、ず~っと気にはなっていたんですが、絵柄がちょっと好みでないので後回しにしていた作家さんです。
この作品が初読みです。
読後の印象は、なんか人情溢れる作品を描かれる作家さんだなぁと思いました。
人生劇場を漫画で読むみたいな、そんな印象です。
派手さはないんですが、設定や流れがリアルなので、無理を感じることなくお話に入っていける気がします。
収録されている3組のカップルのお話、それぞれに楽しめました。
表題作の冒頭部分は、実際にあった似たような事件を思い出させましたが、コミカルな展開がよかった。
脇キャラも魅力的で、特に家政婦さんは面白くて好きでした。
切なさや笑い、涙やドラマがあって、お話に引き込まれました。
ゲイナイトが催されるクラブが何度が出てくるのですが、漫画ではあまりこういうシーンが出てこないので、なんだかとっても興味深かったです。

2

西田劇団が大好き

著名な画家を母親に持つぼんぼん息子と、その画家に取り入ろうとしている貧しい画家志望のおはなし「彼の肖像」、金融会社の亡き社長の息子(これまたぼんぼん)と社長の右腕だった男とのおはなし「誰がために」と、安普請な会社の独身寮の隣同士に住む二人「隣の部屋で」の3本。
西田さんの作品に出てくる男は、まじめで必死でかわいい人ばかりですが、その中でもよく出てくる明るいおばか犬のようなコが、とても好きです。
今回もどのお話にそんなコが出てるか楽しみでしたが、いたいた!!
「隣の部屋で」の市川君!きみきみ、君を待ってたの。
肉じゃがを食べさせて美味しいと言ってもらったときの、ぱや~っと嬉しそうに輝く笑顔!悶絶です。
さらにラストの「隣でヘアが」が最高に笑えました。ほんとにお似合いのカップルです。
「だから誓いとしてツルツルに」・・・ウケた。

何冊か読んでいるうちに思ったことですが、西田作品に出てくるキャラは、たとえば山田太一や倉本聡作品のように、どのドラマにも同じ顔ぶれ、同じ俳優を使っているような、そんな感じがいたします。
あーまたこのコ出てきた♪と手を叩いて喜べる幸せが、ある。
続き

1

短編集

なんか久しぶりにオッサンじゃない西田作品を読んだな~と思ってしまったw
どんだけ平均年齢たかいのよwって話(o_ _)ノ彡☆
それがまた良いんだけどさ。
表題作「彼の肖像」。
金持ちのボンボン。道楽趣味みたいな絵の仕事をしているわけなのだが、久しぶりに家に帰ると知らない若い男。これがまた気に食わない。
気に食わない気に食わないと思っていた矢先、思いもしない場所で再開し、本心を知ってしまう。そんな二人の関係は・・・?!
なお話しなんですが、実際攻である坊ちゃんのほうが、これまた心酔してしまうというか、「オレなんでもするよ」なべたぼれ状態になってしまう。
遊び人なのか職人なのか。好青年なのか淫売なのか。
攻な坊ちゃんが受にたいして惹かれていく~という描写な心理状態がちょっとわかりにくかったのが難ではありますが、相変わらず妙に惹きつけられる作品ではありました。
大阪に~なくだり。本当にオッサンに抱かれにいったのかとおもったよw
紆余曲折あってもハッピーエンドなのがいいところでありますw

■他がために
ストーリー的にはよくわからなかったんですが、黒髪さんが受だった続きらこれまた萌えると最後の一こま思ってしまった。
ナニが見られないのが至極残念である。

■隣の部屋で
同僚もの~wこれ結構好きです。
女好きで絶倫の男。社員寮で隣の部屋。薄い壁からは声が駄々漏れなわけで。
実は片思いを続けていたわけで・・・?!
「今日はいないはず」と思っていた後の~な攻の表情が好きです。
こざっぱりした男が見せる攻な表情。これがいいんだなw

1

西田さんいいなぁ

良短編集です。

『彼の肖像』
日本画家の卵と、画家の大家の息子の話です。
日本画家の卵の性格の悪さが非常に私好みでした。才能にくわえ、絵のためならお世辞におべっかなんでも使う。しかもゲイで、誰かれ構わずセックスする尻軽。
それを見抜いて反発してた息子は、その二面性の更に奥にあるピュアな魂に触れて惚れてしまう。
セックスシーンに萌えました。ノンケが、経験豊富なゲイの受けと初エッチするのってツボです。

『誰がために』
金融屋の息子と社員の話です。
まずまずでした。

『隣の部屋で』
『隣でヘアが』
社員寮で隣合わせたリーマン同士の恋です。
片方はゲイで、片方は毎晩のように女を連れ込んでセックスしてるタラシなノンケ。
ゲイは、屈託のないそのノンケに惚れてます。でも諦めてる。
この作品が一番好きだったなァ。ノンケがゲイに惚れるという展開、大好きなんですよね。
『ヘアが~』なんて半分笑いに走ってるオマケ作品なのに、じーんときて泣いちゃったしさ。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ