迷走迷路

迷走迷路
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
3件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
竹書房
シリーズ
ラヴァーズ文庫(小説・竹書房)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784812417386

あらすじ

男の恋人、しかも会社の社長の甥と秘密で付き合っている主人公、桧山小太郎は、その事をネタに上司、如月豹馬から脅迫され、無理やり身体の関係をつくられてしまった。
恋人の相原希との恋愛を守る為に受け入れた行為にも拘らず、豹馬と身体を重ねる度にその強引で巧みな愛撫に小太郎の身体は激しく反応してしまう。
可憐で素直で安らぎを与えてくれる希の存在と、危険で妖しくそして甘い豹馬の存在…。
本当はどちらを求めているのか。
抜け出せない、逃げられない迷路に小太郎はどんどんはまっていく…。

表題作迷走迷路

如月豹馬(上司)・檜山小太郎(弟が希のファン)
檜山小太郎(部下)・相原希(芸能人)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

恋愛面は・・・?

三角関係で、主人公・小太郎は攻めであり受けでした。
会社の社長の甥・希相手だと攻めになり、上司の如月相手だと受けになります。
初め希と体の関係を持ち、それを如月に見られて無理矢理抱かれてしまうのですが、いまいち小太郎の気持ちがわかりませんでした。
希を好きになったと言っていましたが、なんで好きになったのかわからないし、結局体の相性が重要なんじゃ…と思わざるを得なかったです。

希は人懐っこい誘い受けで、如月は鬼畜攻めw
小太郎は優柔不断でしたね~
私は小太郎は受けのが好きですw如月に異物挿入されてるのは萌えた!
あと69あったんですが、攻めが上だったんですよね。大体69だと受けが上なので珍しいなあと思いました。
途中で話がちょっとサスペンスっぽくなるんですが、あんまり重要性がない気がします。

最後の2ページに奈良さんの漫画があったのは得した気分♪

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ