mado

窓
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×22
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
53
評価数
16件
平均
3.4 / 5
神率
25%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
マガジン・マガジン(ジュネット~JUNET~)
シリーズ
ピアスノベルズ(小説・マガジン・マガジン)
発売日
価格
¥819(税抜)  
ISBN
9784914967703

あらすじ

高校2年の時、逆恨みで陵辱されかけた保(たもつ)を助けてくれた
1年の隆明(たかあき)だが、なぜかその後強引に身体を繋げてくる。
大学になって離れたのもつかの間、また隆明は追いかけてくる。
逃げたいが逃げられない状態のまま、出会ってから9年が経った。
そんなある日、突然態度に優しくなった隆明が告げたこととは…。

表題作

高校の後輩
高校の先輩

その他の収録作品

  • 温い血
  • 秘密
  • 黄色い花

評価・レビューする

レビュー投稿数6

個性的なお話達

短編4編が収録されています。
どのお話も個性的で、次はどんな話がくるのだろうとドキドキして読みました。
それぞれのお話にざっとあらすじと感想を書いたので長いです。すみません。

「窓」
高校の後輩×先輩。(現在は社会人)
あらすじは上記のSTORYにあるので省きます。
執着攻めがお好きな方にはとてもお勧めです。
隆明の歪みのなさと、常軌を逸した執着が素晴らしい(笑)
受けの保は隆明を恨む気持ちはないのかな。「人生を台無しにされた」くらいは恨んでても仕方がないと思います。
なんだか物分かりが良すぎな気もしました。
でも人って変化するんですね。
まさか(今更)そんな展開を見せるとは思ってなくて、とてもビックリしました。

「温かい血」
32歳の叔父×高校生の甥
成績優秀で容姿も優れ、小利口で要領が良い和己(かずき)は、叔父の俊和の元で暮らしています。
和己は、叔父の歪んだ愛情に気づいていて、好奇心から叔父と恋人関係になります。
何でも甘やかしてくれる叔父に不満はありませんでしたが、和己の心は満たされません。
しかしある出来事がきっかけで2人の関係に変化続きが生じます。
このお話も素敵でした。
まず猫っかぶりの和己ですよ。(実は愛情に飢えている寂しがり屋なんだけど)
よくこういう小賢しくて可愛い子ぶった憎たらしいあて馬っていますよね。(笑)
そういう子が主人公なので、凄く興味がわきました。
そして本当の姿が全く見えない叔父。果たしてその実態は…
ハッピーエンドですけど、少し”受けざまあ”が入ってると思います。

「秘密」
社会人2人(サディスト同士の恋人)×高校生。
薫は、カフェで知り合った公一と雅弘に好奇心からホテルについて行ってしまいます。
自分の隠された欲望の正体を知るために…
実は薫は、宗教画(打ちのめされたキリスト)に欲情してしまうという、ほの暗い欲望を持っていました。
3PのSMプレイがメインのお話です。
初めての体験で、マゾになりきれない薫の青さが新鮮で面白かったです。
プレイ後のフォローもきちんと書かれているので安心できます。

「黄色い花」
美大生×画家の養子(高校生)
本当は、画家×養子(高校生)
画家を目指す美大生の隆一は、美人画で有名な日本画家、水口藤人(とうじん)に傾倒しています。
隆一は、ひょんなことから水口へインタビューをする機会に恵まれ水口邸へ向かいます。
そこで絶世の美少年、旭と出会います。
隆一は気難しく秘密主義の水口に気に入られ、アトリエに入ることを許可されますが、そこで水口と旭の全貌を見ることになります。
これは隆一のお話ではなくて、隆一を通して語られる水口と旭のお話だと思います。
短編で良かったです。
なぜなら隆一が深入りしても良いことがないと思うから(笑)
それくらい水口と旭の関係は複雑に絡み合っていました。
でも、これから隆一の創作意欲の糧になっていくんだろうな。

一番好きなのは「窓」で、あとは掲載順に好きでした。
「神」よりの萌×2です!

3

水原さん短編集

同レーベルで当時衝撃だった「夏陰」「箍冬」を読んで、その後にこの作品を読んだ記憶があります。
その後だったので痛さや陵辱は既に勉強済だったんで比較的冷静に読めたんじゃないかなー。
全部で4作収録されていて、「窓」と「温い血」は執着系の攻。
特に窓の執着っぷりは強烈で、独占欲のあまりに己のイニシャルの焼き印を入れようとする位のすんごい執着度です。
「温い血」は叔父と甥。ずっと優しい理解ある大人だと思っていた叔父がある切っ掛けで豹変するんですがそのあまりのギャップにひえええええ~です、でも叔父さん格好いいんですけどねー。
「秘密」は密かにS資質を持つ少年が、男性2人とのふとした出会いでそれを引きずり出されてしまう話。これはあくまでお互いに割り切った上でのプレイとしてのSMなんですが、言葉攻の方が痛いかも。
「黄色い花」これはしっとりとしていて切ない禁忌を描いてます、陵辱は激しいエロは無いですがこれが一番切ないかも。

微スカや陵辱、痛いプレイは出てきますのでそこんとこは好き嫌い別れそうですが自分は大好物なのですよー。

あと挿絵が奈良さんなんですが、この挿絵が台詞付きで続きマンガの1Pみたいな仕様になってるんですよね。
奈良さんの挿絵は素敵なんですけど、この形式は正直何だかなーです(ピアスノベルはたまにこういう挿絵形式やってたのでこれもその一環なんだと思います)
まあこういったコマ割ありの奈良さん挿絵は珍しいのでそういう意味では奈良さんファンは押さえておいてもいいかもしれないです。あとこの頃の絵はまだ線が柔らかくて今とは別の意味で肉感的な絵柄です。

3

水原とほる先生初読みです。

フルコースがっつりでお腹いっぱいです。
凌辱、スカ、焼印、緊縛、スパンク、首輪、言葉責め、視姦、近親…。サービス満点過ぎます…!中でも排泄系は4作中3作にあって、こだわりを感じました。腸内洗浄描写があると安心する方なので歓迎です。

4つの短編それぞれの支配的関係(時にはアブノーマルなセックス)は端から見れば歪で依存ともとれるのですが、当人達には間違いなく精神の支えとなっているわけで…。その辺りの説得力がきちんと与えられていて、良かったです。
特に『秘密』が好みです。身体・精神面に担当を分けたSMの三者関係というのが面白いし、バリタチの二人の絆を感じてネコの少年が疎外感を覚えるのが切なくて良いです。

奈良千春さんのイラストも色気ありました~!漫画のようにセリフの吹き出しがついている型には最初戸惑いましたが、慣れれば平気…かな?

いやー、面白かったです。水原先生の他作品も読みたいな。

2

凌辱短編集

見事なほどに、水原とほるの世界です。
『窓』は、レイプからはじまって共依存へと結実する関係。
『温い血』は、ショタで近親相姦でお仕置きで
『秘密』は、3PのSM。かなりハードです。
『黄色い花』は、屈折した師弟愛。
あと、全体的に排泄関係の描写がバンバン出てきますので、苦手なかたは気をつけて下さい。
最近の作品は、むしろ痛い度がゆるくなってきてるんだなァとかも思わされましたw
『夏陰』『箍冬』の長編二作を発表されたあとに、この『窓』という短編集を出されたらしいですが、この三冊の凌辱っぷりはハンパないです。とりあえずこの三冊を読めば、水原とほるワールドが理解できるんじゃないかと。
萌えとかじゃなく、ひたすら圧倒されました。

3

私は嫌いじゃないですよ

思い通じるって素晴らしいwwwwww
でもさ、たしかにさ、西村は最初から間違ってましたよ^^
読者の反感を買う行動バリバリでしたよ。
しかしながらですね、私は思うわけです。それもまた愛情表現の一つ。
想いすぎるがあまりの行動!
若い頃はそんなこともあるもんさ!!!←モチロン・フィクションだし
どこかのお兄さんみたいに、他に相手を作りまくってどうとかじゃないんだよ?
9年も一人の男に執着し、根愛し、求め続けるって素敵なことじゃないか。
手段がちょっと間違ったというだけでねwwww
最終的には西村もなかなか可愛いところあるじゃん。
そんな風に思わせてくれるところが素晴らしいところだと思いました。
途中で投げ出した皆さん!!ちゃんと最後まで読めば万事解決しますわよ!!
読んで読んで!!
保にしましても、確かに苦しい過去があったんです。
考えてみればそれは至極惨めで、痛くて、苦しい日々だったに違いありません。
でも、ようは、今が大切なんです!
今がよければそれでいい。
保がそれで幸せだと思ってくれるのであれば、私も幸せです。
西村も幸せならなお幸せですw
続き
晴れて二人の気持ちが通じた瞬間。
これから先は、もしかしたら普通よりももっと甘い日々が待っているのかもしれませんねwwwwwww

短編集なので、その他作品ございます。
焼き鏝・放尿・ちょっと怖いものもありますが、勇気のある方はよんでみては?

3

挿絵は奈良絵で台詞付き

表紙の奈良絵に惹かれて手に取った一冊。
収録は表題作を含む4つの短編で、シンプルなタイトルのつけ方も非常に好みである。

「窓」
・西村隆明(年下)×大庭保(年上)【リーマン同士・高校の同窓生】
暴力で支配されていたはずが、いつしかその関係に溺れてしまい離れられなくなってしまうお話。
加害者に共感という意味においては、厳密ではないけどもストックホルム症候群に近いのか?と思った。
やや病的な雰囲気のするストーリーだった。

「温い血」
・俊和(叔父)×和己(甥)
近親相姦って絶対に無理だったのだが、なんだかその壁を越えた気がした・・・。
親から得られない愛情を叔父から与えられている内に、いつの間にか本気で愛しちゃっていたのよ、というオチ。
叔父さんは初めからその気だったようだが(*´Д`)
和己が従順でかわゆい。

「秘密」
・公一×薫(高校生)/雅弘×薫
※公一・雅弘【タチ同士のSカップル】
精神的には恋人なんだけども、体を繋ぐことが出来ない公一と雅弘。
その代わりに同じ人間を共有することで、自分たちも擬似的にではあるけども繋がる感覚になれるらし続きい。
そんなふたりに、とある経緯から抱かれることになった高校生の薫。
強烈な体験だったにもかかわらず、自分をさらけ出せる人間を初めて見つけ、奇妙な三角関係に身を委ねてゆくというお話。
3人で欠けた部分を埋めあっているような関係だろうか。
ある意味、薫はかなしい子供だと思った。

「黄色い花」
・隆一(美大生)×水口旭(高校生)
※水口藤人(画家・父)×水口旭(モデル・息子)
実の親子でありながら、特別な感情をお互いに持っている藤人と旭。
抱き合えないふたりの代わりに、息子の旭を父の藤人の目の前で抱くことになってしまった美大生・隆一の奇妙な体験を描いたストーリー。
一見「秘密」と似ているようだが、実は全くその意味合いは違うと言えるだろう。
隆一は親子を繋ぐ道具に過ぎないため、非常に侘しさの残る読了感であった。

全体的に見ると、閉鎖的で陰鬱でねっとり粘着系。
しかもSM的な描写も多いので、好き嫌いが分かれるかもしれない。
焼印、首輪、縛り、スパンキング、言葉責め、スカトロと出るわ出るわのハードプレイに加えて、近親相姦にレイプともう何でもござれなのである。

読みながら感じた各話共通キーワードは「支配」「独占」「執着」「繋がり」。
これらは恋した相手に抱く欲求に似ている。
ちょっと過激ではあったが、これも全て愛のカタチなのであろう。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ