新ヤマトタケル伝 やまとツインズ、翔る!

新ヤマトタケル伝 やまとツインズ、翔る!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
2件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
小学館
シリーズ
パレット文庫(小説・小学館)
発売日
価格
¥495(税抜)  ¥535(税込)
ISBN
9784094211696

あらすじ

2人の美形双子皇子のイケナイ恋と大冒険!16歳の皇子、オグナとオオウスは双子兄弟。そしてその深い愛ゆえに身体も知りぬく恋人同士。2人の父である大王はオグナにイズモタケル征伐を命じる。冒険気分のオグナだが病身のオオウスを残すことが気がかりで…

表題作新ヤマトタケル伝 やまとツインズ、翔る!

オグナ(ヤマトタケル) 双子の弟
オオウス 双子の兄

評価・レビューする

レビュー投稿数1

最終巻

最後の最後まで、お花畑な世界でのお話でした。
ストーリー的には、もうちょいいにしえの戦国時代のシリアスな雰囲気を入れても良かったんじゃないかなァ…。
古事記をねじ曲げること自体はなんとも思わないんですが、ヤマトタケルを完全な善的存在にすることによって、逆に彼の魅力が損なわれてしまったような気がします。
古事記のヤマトタケルが大好きなもんで、悲しい。

ちなみにヤマトタケルはアホキャラです。
アホキャラそのものは好きなんだけど、政治的に大事な判断をしなきゃいけないとき或いは大事な人を守らなきゃいけないときに、直情的なアホアホ行動を起こそうとすることには萎えました。
一巻二巻は良かったんですが(最後には成長したヤマトタケルが見れるなと思ってたもんで)、でも三巻でもそのまんま、どころか更にアホ度が増してたような。

ラブに関しては、なんでもアリ展開になりました。
兄弟が近親相姦してるのは変わらないんだけど、そこにイサチヒコもタヂカラヲも混ざってこようとする展開。
こういうのは好き。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ