ANIMAL X 原始再来 10

ANIMAL X 原始再来 10
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
30
評価数
6件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784199602627

あらすじ

湊(みなと)と裕司(ゆうじ)の腕に、娘・結(ゆい)の温もりが戻った! 世界に君臨し血族を苦しめ続けた財団の崩壊…。そして、その実力者・シュトルムの正体は両生体の血族だった!彼は裕司の命を盾に、湊自身を配偶者として求めてきた。湊とシュトルム、最後の戦いの幕が上がる! 大スペクタクル・ロマン、堂々の完結!!

表題作ANIMAL X 原始再来 10

浅羽湊・ダイナソーロイド
鮎川裕司・両性体

評価・レビューする

レビュー投稿数3

感動の最終巻でした

ダイナソーロイドの血族である湊と両性具有の裕司の話。
長かった~~。全部で16巻にも及ぶ大作。
その間裕司は4人子供を産んでます~~。(うち1人は流産)
色々あったが、家族で幸せに暮らしていることでしょう。
個人的には白河さんが好きだったのだけど。。

0

神作品降臨!!!

個人的にBL(?)漫画の中で一番大好きな作品ですね。受がそれはそれはヒドイ目に遭います(涙)。極限状況下における発狂レベル級な感じです。例えてゆうなら戦争時みたいな。チキンな私は何度も断念して、最後ハッピーエンドなのを確認してから全巻揃え直しました。今でも繰返し繰返し読返してる神作品ですね。

0

名作。

名作だと思います。少し寄生獣に雰囲気が似てるかな。BL的にはかなりのNG要素、激痛が伴う作品ですが、壮大なSF人間ドラマ(ってなんだ?)として一読の価値あり。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ