天使のような人だから…

tenshi no youna hito dakara

天使のような人だから…
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
小学館
シリーズ
パレット文庫(小説・小学館)
発売日
価格
¥476(税抜)  ¥514(税込)
ISBN
9784094214840

あらすじ

天使のような客人との心癒される愛の生活。 祖母が亡くなり、天涯孤独となった高3の北岡正樹の家に、天使の如き美貌の男が居つく。祖母の友達という彼は北岡家のことをよく知っており、やがて傷心の正樹の身も心も癒されていくが…。天使と少年との愛の生活!

表題作天使のような人だから…

高校3年の北岡正樹
青山翠 謎の天使

評価・レビューする

レビュー投稿数1

後半で失速したかな

前半は面白かったんですが、後半で失速した感じ。
佐々木さんの小説によくあるのですが、掴みは意外性があってワクテカするのに、エンディングに向かって進んでいく後半部でいつもありきたりな場所に着地してしまう感じ。ストーリーが予想の範疇にすっぽりとおさまる。
後半部でもう少しヒネリやら意外性やら、オオッて思える場面がほんの少しあればもっと面白いのになァ。

主人公の攻めは、たった一人の家族である祖母を亡くして天涯孤独となった高校生です。
祖母の葬式の日、自宅に帰ると、「天使」を名乗る美しい青年がいた。
訳がわからないまま、なし崩しに同居生活がはじまる。

受けの人物像がいまいちよく見えなかったです。最後まで掴めなかった。性格と行動も合ってないような。それを「エキセントリックで魅力的」と感じるよりも、つじつまが合わなさばかりが気にかかりました。
天使と名乗って押し掛けた理由も、なんだかよく分からない。後半で説明らしきものはあるけど、納得できない。
冒頭の面白いシチュエーションが先にあって、理由を後付けにした感じ。
全体的に、もうちょい練って欲しかったなァ…と思いました。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ