DOUBLE CALL(9)

double call

DOUBLE CALL(9)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~(コミック・海王社)
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN
9784877243661

あらすじ

プロ野球界のアイドル的存在でオリオールズのエース・堀田はメッツの主砲・秋吉の前ではその実力を発揮できずにいる。そんな堀田に、キャッチャーの塔馬は不調の原因は秋吉に惚れているせいだというのだが……。一方、そんな塔馬を熱く見つめるもう一つの視線があった。塔馬を甘く誘う千堂の狙いとは……。大人気球界ロマンス、シリーズ!

表題作DOUBLE CALL(9)

塔馬巽/秋吉城太郎 他
千堂頼人/堀田聖

その他の収録作品

  • エターナル・タイム
  • Field of Dreams
  • ひくらしの森
  • Always
  • 襲われて・・・
  • まだまだハニームーンなひとたち
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

一方でもう一つのカップルは…。

DOUBLE CALL、こっから先は塔馬と千堂のアマアマ展開、
さらに秋吉と堀田のなかなか先に進めない二人になります。

まず、エロ度がめっちゃくちゃ上がってますw
賛否両論あるかと思いますが、千堂が巻を追うごとにガンガンかわいらしく、色っぽくなっております。

クールなアスリートモードの千堂も、スーツ眼鏡の千堂もいいんだけどね。
さて、その千堂ですが、塔馬と同じく、悲しい過去もあるんです。

で、もういっこのカップル、秋吉と堀田ですが
こっちはなかなか進まないご様子。

エースなのに部屋中ぬいぐるみだらけ、
千堂と並ぶとどっちが先輩で後輩なのかわからん堀田って
ふざけんな!と思いつつ、目が離せませんw

全体的にとってつけたような話が多いんですが、それはご愛嬌。

ところで、これを読んでいたら、なぜか新田祐克先生の「春を抱いていた」を思い出した。
攻め受けどちらもプロフェッショナルな世界に身を置き、同じ職業人としてのライバルでもあるし、家族との関わり方や同居→結婚をしてしまうところも似ている。
王道だと言ってしまえばその通りなんですが、恋人同士続きとしての関わりが職業人としてのジレンマや成長に繋がっているところに好感持てます。

そういえば、名前被りもあるし(塔馬→春抱きでは「冬の蝉」に出てくる十馬)、
春抱きが少なからずコレに触発された部分ってのもあるんじゃないかと思う。


1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ