草の冠 星の冠 2

草の冠 星の冠 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
45
評価数
10件
平均
4.5 / 5
神率
70%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
ルチルコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784344804579

あらすじ

ある家に引っ越して来た小説家は、そこで可愛い梅の精と出会う。しかし、梅の精を苛めてしまったため気まずくなってしまい…。小説家と梅の精の恋を描く「不断梅花」とご主人様をけなげに慕う猫柳の精の物語「飼猫柳」を収録したシリーズ第2巻。

表題作草の冠 星の冠 2

物書き
意地っ張りで素直じゃない 梅の精

その他の収録作品

  • 草の冠星の冠 ~ 不断梅花 ~
  • 草の冠星の冠 ~ 飼猫柳 ~

評価・レビューする

レビュー投稿数5

キラキラしたものがつまった宝箱

2巻は、人と人でない者達が住む世界が描かれるお話が2作品収録されています。
こちらもとっても素敵なお話です。
2作品とも独立したお話なので、この巻だけ読んでもOKです。

1巻でもそうだったんですが、このシリーズは人と人でないものが当たり前に共存していてとても不思議な感覚を覚えます。
まさに妖精の世界が現代でも続いてる、という感じ。
世界観的には、御伽噺や中世の時代を思い起こさせます。

私はこのシリーズはちょっと元気なときにしか読まないようにしています。
気分が下降するというのではなく、涙が止まらなくなるので。
こういう世界観、ノスタルジーを感じて堪らなくなるのです。

2

1・2巻はオススメ。

季節や植物が擬人化されている作品。
「飼猫柳」が本当に素敵なおとぎ話で、絵本のようで好きです。
全部の巻通しても2巻が特にまとまってて一番良いです。

切なさとかわいらしさが詰まっていて好きだったのですが、3巻以降はなんかドンヨリ暗くて滅入ってしまうほどで、読まなくなってしまいました。
残念。

3

キュンとせつない。

季節や植物が擬人化?してるシリーズものの第2巻。
何故か2巻だけ読んでみました。
いや、気になるお話が入ってたのがこの巻だったので。
シリーズものではありますが、それぞれに読んでも問題ないと思います。
2巻に載ってる話は2巻だけで完結してるので大丈夫。

「不断梅花」
梅の精が守る家。
そこに春までの間住む男がやってくるのだが…。

すごく癒される感じのほっこりするお話だなぁ。
絵柄がかわいいのもあるし、お話もかわいらしい。
男がキュンとなるところは一緒にキュンてなってしまったよ。
梅の精かわいいvv
男の足跡の上を辿っていくとことかかわいくて好き。
男の正体は「なるほどー!」って感じで。
かなうならば「ひとしごとおえた」で流されたのであろうえちも見てみたかったかも。
絶対かわいいから!!

「飼猫柳」
その昔、助けてもらって撫でてもらった。
もう一度だけその手に撫でられたいと思ったのだけれど…。

やっばー。
かわいい上にせつなくてキュンキュンきましたv
猫耳のついた猫柳。
もうビジュアルだけでかなり萌えるかわいさです。
その猫柳続きのご主人さま好き好き度がまた高くて。
ご主人さまの勘違いから嘘を重ねていくことになるんだけども。
それだと、幸せなんだけどやぱり胸がしめつけられるようなこともあって。
そのせつなさがとても好きです。

2つともすごくかわいいお話。
ほっこり癒されたい方にオススメ☆

1

2巻も涙が出てくるお話万歳でした。

そうだったのか!と思わせたのが表紙になってるお話でした。
今回も少し切ないお話満載です。
私の心をガッツリ掴んで話しません。

表紙のお話は梅の精のお話です。
ずっと空き家だったその家にある梅の精は、おじいさんとおばあさんにとても大切に育ててもらったようで、誰が来ても追い出してしまう。
新しく着た物書きの先生も地元の人に止めた方がいい、出るからといわれてしまうくらい有名でした。
しかし、、、最初から春までという期限付きで空き家に入居した物書きの先生は、その梅の精がどれほどこの家を大切に思っているか気付いていました。
そして、梅の精と少しずつ打ち解けていくにつれて冬は徐々に終わり、春へ。
梅の精も綺麗になっていきもうすぐ咲いてしまう頃、物書きの先生は出て行かなくてはいけなくなりました。
最初、この先生は残るんだろうなと思っていた私。
予想を裏切る展開に、私の心を掴んで離さない魅力がまた増えました。
でもお話は切なくて、ちょっと悲しい。

2巻も最高でした。
絵柄も可愛いですね。
最後のページにあとがきがあるのですが、そのあとがきも笑えて私はすごく好きです。

2

おとぎばなしのようなかわいらしさ

『草の冠星の冠』はシリーズで、いろいろな目には見えないものたちが出てくるおはなしで統一してあります。
2巻目は1話簡潔ではなく、少し長めです。
長くなった分丁寧に書かれていて、切なくもなるしじんわりときます。
表紙だけ見てもわかりますが、1巻の『草の冠星の冠』シリーズよりボーイズラブっぽくなりました。
作者さん本人も書かれてましたがこの本だけトーンワークを少し変えていて、よりおとぎばなしらしく、絵本みたいな画面になっています。私はこのトーン使い大好きでした。
世界が統一してあるので、1巻より2巻の方が私は好きです。

今回はネコミミのついた猫柳の精のお話があるのですが、
ネコミミ好きにはこの容姿、たまりませんでした!(笑)
テクノ先生のネコはかわいすぎだと思う…小さい頃も特に。子供好きにはたまらないかわいさです…!
そんなこともあって、『草の冠星の冠』シリーズのなかで自分の好みで一番大好きな話です。
小さい頃と今が混合するような昔の思い出話って、大好きなのです。
懐かしくなるような、ちょっと寂しくなるような…。

後ろのおまけも、すごいボリュームあって、笑え続きて、面白かったです。

1巻は読みきり形式だったので、2巻だけで読んでも、ほとんど問題はない本です。
えろシーンがないので2巻だけBL初心者さんにもオススメ!
可愛らしく、時に痛いほど切なく、心癒される作品集です。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ