王朝春宵ロマンセ 2

ouchou haruyoi romance

王朝春宵ロマンセ 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×23
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
25
評価数
6件
平均
4.2 / 5
神率
33.3%
原作
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784199602641

あらすじ

世話係として仕える藤原諸兄(ふじわらのもろえ)様に告白され、戸惑いつつ抱かれた千寿丸(せんじゅまる)。けれど何もかもが未知の体験の長い夜に、千寿は諸兄様への恋を自覚していく…。 そして翌日から始まった賀茂(かも)の祭。斎王様の行列に、公務で加わる諸兄様と別れ、一人で祭見物に出かけた千寿は、拓尊(たくそん)の追っ手に捕まり、拉致されてしまい…!?

表題作王朝春宵ロマンセ 2

藤原諸兄 蔵人 25歳
千寿丸 元寺の稚児 14歳

評価・レビューする

レビュー投稿数2

初めてのエッチに萌えました

健気で一生懸命で可愛い、千寿丸の王朝萌え、第2巻です。

2巻でも、千寿丸は災難続きです。諸兄の母上のお共に出掛けたところで、拓尊の手下にさらわれます。手を縛られ、閉じ込められますが、自力で逃げ出します。

迎えに来てくれた諸兄と喜び合う千寿丸。お互いへの気持ちが高ぶった二人は、とうとう結ばれます。(1巻の続きでは、最後までしていませんでした)もう、千寿丸の表情やセリフや声の全てに萌えます。可愛くて、可愛くて…。諸兄の千寿丸を気づかう様子も良かったです。千寿丸への愛情が溢れていてキュンとなります。

千寿丸のいた如意輪寺では、慈円阿闍梨や百合丸が大変なことになっているようで…。波乱の3巻へ続きます。

2

ついにエッチ

ああ、やっぱショタっぽい。体格差すごい。でもけしてショタを狙った作品じゃないっていうのがいい。

二巻です。
原作から抜けてるエピソードがあるのがかなり残念なんだけど、これは仕方ないかな。
衣装や背景に手を抜いてないのは嬉しい。これ、トーン作業がかなり大変だったんじゃないかなァ。
受けの千寿のちょっとした表情が可愛い。
攻めの諸兄と業平の性格の対比もいいな。
夜逃げするようにお寺を逃げ出してきた千寿が、都でたくさん優しい人々に出会って成長して恋をして、トラブルを乗り越えて…。
拐われたり助けられたりと王道でベタな展開ではありますが、下地がしっかりしてるお話なので読みやすく、良いベタさの見本だと思いました。

最後のエッチ、めちゃくちゃ萌えました。
千寿を気遣う諸兄の言葉や表情、優しさと愛しさにあふれまくってて惚れました。
一生懸命それについていこうとする千寿もカワイイしさー。

三巻に続きます。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ