恋のからさわぎ

恋のからさわぎ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
12
評価数
5件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
ダリア文庫(小説・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784861340406

あらすじ

沢木嘉瑞は中学3年生。幼馴染の西原高敏とは幼稚園からの因縁で、じつは嘉瑞は出来る限り高敏と関わりたくないと思っていた。なぜなら嘉瑞は人知れず、恐るべきセクハラを高敏にされ続けていたか……。さらに高敏は嘉瑞に「好きだよ」とか「かわいい、嘉瑞」とか、意地悪なことを言って嘉瑞を不安にさせるのだが。人気の学園シリーズが書き下ろし短編を加え、文庫で登場!! さらに表紙イラストはこうじま奈月先生の描き下ろし!

表題作恋のからさわぎ

中学3年・俳優 西原高敏
中学3年・野球部部長 沢木嘉瑞

その他の収録作品

  • 恋のからさわぎ
  • 卒業

評価・レビューする

レビュー投稿数4

アホ受け

うーむ。だいぶ積んでたけど爽やか(いや、水戸さんなんで確信犯的にいい意味で)学園ものもたまにはいいかと思って読んでみました。

攻めは、中学生でこのエロはないな、というほどの手練れではありますが、変態ってほどではないかな。

どこまでもアホでバカでお子様な受けを、ひたすら一途に好きで、口にも出してはばからない攻め様、という構図。
事件はおきるものの、一言で言ってしまえば、受けの子がいいように体を開かれて好きかも、ってなるお話し。テンプレですね。

中3という設定がなければ、それ程インパクトもないかもしれない。が、アホ受けでもキャピってないところは良かった(助かった)という感じ。最後までデレないので、続編があるようですね。

0

王道ですね!

 物語のあらすじとしては。
 中学三年生の沢木嘉瑞は、幼馴染みの西原高敏に幼稚園の頃からセクハラをされ続けている。
 そのため、嘉瑞はなるべくなら高敏とは係わり合いになりたくないと考えていた。
 ところが、嘉瑞の所属する野球部がどうしても勝たなくてはいけなくなり、運動神経抜群で、どこの部活にも所属していない高敏に助っ人を頼まなくてはならなくなった。
 当然、高敏が交換条件に要求してきたのは、嘉瑞の身体で……

 という感じの物語。
 いわゆる少し抜けている受けと用意周到な攻めの話でBLの王道なんですが。
 他のに比べて、マンネリ感があんまりなくて、だいぶ読みやすかったです。
 正直、他の話と何が違うのかわからないんですが、とりあえず他のよりも読みやすいし、食傷気味の感じがなかったです。
 まぁ、これは単純に僕と作者さんの相性の問題もあるのだと思うんですが。

 それに、単純に妙に歴史に詳しかったりとか、嘉瑞がただ単純に「頭が悪い」というだけじゃなかったのもよかったのかもしれません。

 王道ネタが好きな方にはオススメです。

1

高敏の言葉攻めに!

中学3年なのに、かなりハードなセックスに、ドキドキしてしまう。
特に攻めの高敏の言葉攻めは、相手である嘉瑞を素直にさせる魔法の言葉。
二人が幼稚園からの幼なじみ。
嘉瑞は高敏からの過剰なセクハラと思っていたが、本気な気持ちを知るが素直にならず、オレ様口調は無理というか似合わない。

1

恋の~さわぎシリーズ第1弾

水戸っちのエロが炸裂です。
1巻から女装に病室など飛ばしてます。
高敏の一人称が「僕」なのもイイ。
口調は大人しいのに言葉攻めがバンバン出てきます。
最初っからH濃いのといい、その後のプレイといい
本当に中学生なのか、ってくらいテクがすごいです。

でも、見せる所はちゃんと見せてくれるのはさすが。
書き下ろしの「卒業」は
卒業式の嘉瑞の戸惑いに甘酸っぱいような気持ちになりました。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ