ショコラティエは誘惑する

ショコラティエは誘惑する
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
12
評価数
3件
平均
4 / 5
神率
33.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784199003264

あらすじ

「バレンタイン商戦の目玉に、桐野征司を口落き落とす!!」。
老舗百貨店に勤める浅見の目標は、天才ショコラティエ・桐野の店をデパ地下に誘致すること。
桐野は数多の出店依頼を蹴ってきた超難関!そんな彼が、毎日通いつめる浅見へ嫌がらせのようにキスしてきた!!「オレを口説くなら、覚悟はしておけ」。
傲岸不遜に迫る桐野をかわしつつ、企画のため奔走する浅見だったが。

表題作ショコラティエは誘惑する

天才ショコラティエ・桐野征司
百貨店勤務で企画参加中の浅見圭

その他の収録作品

  • ショコラティエは勝負する

評価・レビューする

レビュー投稿数1

仕事へのプライド

受け攻めともお仕事をしっかりしているのが好きという方にお勧めです。
お仕事好きには嬉しい位、仕事描写がしっかりしています。
攻めがショコラティエなので、出てくるチョコレートも美味しそうです。

天才ショコラティエ・桐野征司(27)俺様攻め×百貨店勤務で企画参加中の浅見圭(25)素直で芯が強い頑張りやの受け
百貨店勤務の浅見はケーキ販売をしているが、いつか企画に移りたいと夢を持っている。
企画に声がかかって、バレンタインの商戦の目玉になる桐野の店をデパ地下に誘致する役目を頼まれる。
職人肌の桐野は品質を保持できないので、あっさりと断る。
諦めきれない浅見は頑張って通うのだが、桐野に年はとっているが悪くはないとキスされて。

浅見の頑張りがとにかくよかったです。
時には失敗したり、怒らせてしまったりもあるんですが、そこから挽回しようと這い上がる根性が素晴らしい。
桐野が何を求めているのかを考えなおして、チョコレートの品質を落とさない為に、冷蔵や管理の徹底等の実の部分を見せて説得する。
相手の思いを読みとった上で浅見の誠意も見せて、情だけに頼らない仕事のやり方が好き続きでした。
話さえ聞こうとしない桐野は冷たいようでいて、お客に最高の状態で商品を届けるという職人のプライドがあるからなのです。
だからこそ、桐野が作るチョコレートは高価でも指示されていて、チョコレートの描写が美味しそうで困った位です。

「ショコラティエは勝負する」
2人が恋人になってからのその後で、桐野のデパ地下出店が新しい上司の所為で頓挫する。
わからずやの上司がいる百貨店なんて辞めて、俺と暮らさないかと誘われて、浅見はケンカする。
仕事にプライドを持っているのは浅見も一緒で、俺を「女」扱いするなと怒ってケンカ別れに。
桐野のお店の場合は高価な設備が必要だが、冷蔵ショーケースさえあればいいという新しいお店とで、店の出店をかけて対立することになって。

廉価な価格で可愛いパッケージのチョコVS高級チョコレートだけではなく、お店のマスター同士もライバルで、浅見を巡っても対立することになって、後編も息つく暇なしな怒涛の展開でした。
恋人のチョコレートへのこだわりを知っているので、上司の横やりで望みを叶えられずに苦悩する浅見が本当に大変でした。
男同士のプライドと意地のぶつかりあいで、俺様攻めの理解と成長がよかったです。

お互い譲れないものがある中をすり合わせて、切磋琢磨で仕事を頑張っているのが何よりよかったです。
きちんとお仕事を頑張っていてこそ、恋愛でも楽しめるのだと思います。

エロ:★3 普通
総合:★5 仕事へのプライド、取り組み方や、失敗しても挽回しようと頑張る姿が見応えありました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ